東京農業大学

メニュー

進化する東京農大

1. 理念・目的

本学は、時代及び社会ニーズの変化を見据え、建学の精神「人物を畑に還す」、教育研究の理念「実学主義」が目指す、未来の地球、人類社会づくりに貢献する「農の心」を持つ人材を育成する。

2. 内部質保証の方針

【方針】

本学は、建学の精神及び教育研究の理念を念頭に、目的及び社会的使命を達成するために、組織的に点検・評価を実施し、改革・改善に努め、教育・研究水準を向上させ高等教育機関としての質を担保する。

【目的】

本学で行う、教育・研究等の質を担保するために必要な組織を編制し、改革・改善に努める。

【組織・責任・権限】

全学審議会が方針及び目的を実現するための責任主体となり、最終決定は、全学審議会議長が行う。

【役割・手続】

内部質保証に資する役割分担及び手続については、「別表1」のとおりとする。
また、全学審議会は、毎年内部質保証の方針に基づき実施した点検・評価の結果を全学自己点検評価委員会へ報告する。全学自己点検評価員会はこの報告を踏まえ、内部質保証を推進するための大学運営組織及び財務基盤の適切性を確認する。

3. 求める教員像

本学は、時代及び社会ニーズの変化を見据え、建学の精神「人物を畑に還す」、教育研究の理念「実学主義」が目指す、未来の地球、人類社会づくりに貢献する「農の心」を持つ人材を育成する。そして、絶えず前進し、生命科学、生産科学から生活科学まで、農学領域を拡大し進化している。そのため、それらを実現すべく以下の能力を備えた教員を求めています。

【教育】
  1. 自身の教育内容及び方法等につき、改善及び開発する努力を行うことができる者
  2. 成績や単位の認定等について公正に判断することができる者
【研究】
  1. 本学の研究倫理に関する規程を遵守することができる者
  2. 自身の専門研究に対し、絶えず社会貢献を念頭に実行できることができる者
【教員としての資質】
  1. 本学ハラスメント防止規程を遵守し、防止に努めることができる者
  2. 学生からの質問・要望等に対し、真摯に対応することができる者
  3. 学生の努力を生かし、その成長を促すために愛情を持って指導することができる者
  4. 学生の卒業後も、その成長や活動を支援できる者
  5. 他者との協働に進んで取り組むことができる者

4. 教員組織の編制方針

本学は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、保有学位や専門分野に加え、年齢層や性別等の多様性、国際化への対応を考慮し、本学の教育研究の基盤となる研究室体制の充実を図るとともに、本学が目指す教育研究の維持・向上に努める。

  1. 法令(大学設置基準等)で定められている要件を満たす教員で組織する
  2. 本学の「求める教員像」及び「各種方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員

なお、各学部・研究科の編制方針は以下のとおりとする。

5. 学生支援の方針

本学では、在学生と卒業生に愛される大学を目指し、教育研究の理念を体現し、建学の精神を達成する。「農の心」を持つ多様な人材を世界に輩出し、卒業後も大学との連携を強固にするため在学中の学生支援の方針を「全ては学生の未来のために」とする。
具体的には以下を行う。

【修学支援】
  1. 親切かつ学生視点で対応する
  2. 学生の向学心に広く対応する
  3. 成績不振学生に対し、適切な対応する
  4. 全教員がオフィスアワーを設定し、学修相談を行う
【生活支援】
  1. 課外活動の活性化を支援する
  2. 奨学金等の経済的支援に関する助言をする
  3. 心のケアを目的とし、「気遣い力」を強化する
【進路支援】
  1. 進路希望に応じた様々なプログラムを実施する
  2. 就職や進学相談へ親身な対応をする
  3. 学生の将来の可能性を広げる支援を行う

6. 教育研究等環境に関わる方針

本学では、各キャンパスが置かれている自然・社会環境を考慮し、特徴を活かした学生満足度の高いキャンパス整備を推進することを方針とし、具体的には、以下を行う。

  1. 食環境を整備し、学生生活の安定化と向上を目指す
  2. 学生が利用しやすい学修環境を整える
  3. 学生及び教職員が安らぐ環境を整える
  4. 学生と教職員の緊密な距離感を保つ環境を整える
  5. 自然と共存し、緑豊かなキャンパスを整える

7. 社会連携・貢献の方針

本学では、教育研究を通じ、生涯教育、産業・文化、人類社会の安定と発展に貢献することを方針とし、以下を目指す。

  1. 地方自治体や企業等と連携・協働した課題解決、地域を教育研究のフィールドとして活用し、新たな課題の発見と教育力の向上を目指す
  2. 地域に愛される大学として各キャンパスとそれぞれの地元との連携強化を目指す
  3. 世界に貢献する大学として、国際機関や海外大学との連携強化を目指す

8. 管理運営の基本方針

本学は、時代及び社会ニーズの変化を見据え、建学の精神「人物を畑に還す」、教育研究の理念「実学主義」が目指す、未来の地球、人類社会づくりに貢献する「農の心」を持つ人材を育成するため、本学の中期計画を確実・迅速に実現し得る管理運営体制を構築する。

ページの先頭へ