東京農業大学

メニュー

充実した施設・設備が実学主義の証

農場・植物園・演習林・学部研究センター

本格的な施設・設備でものづくりの面白さを体験できます。
実験・実習・演習等でなければ得られない知識はたくさんあります。そんな体験の場を提供します。北は網走寒冷地農場から南は宮古亜熱帯農場まで、日本中がキャンパスです。

フィールド系施設技術練習生について

農場技術練習生制度は、農林業経営者、農林業技術者となるに必要な理論と技術を修得し、併せて健全な心身を有する有能な人材の育成を目的として、各農場または演習林において1年間研修を行う東京農業大学独自の制度です

そして、心身ともに健全かつ農場または演習林での成績が良好な者のうち、最終選考に合格した者については、東京農業大学の推薦入試受験者として農場長または演習林長の推薦を受けることができます。なお、学科によって受入数は異なります。

農場

植物園(厚木キャンパス)

演習林・分収林

学部研究センター

東京農業大学は、地球上に生きるすべての動物・植物・微生物と向き合い、それらの未知なる可能性、人間との新たな関係を追究していく大学です。創立以来の教育理念『実学主義』を実践すべく、各学科で以下の施設を利用し、自らの感性と体験を通じて「食料、環境、健康、バイオマスエネルギー」に挑み、実際に役立つ学問を、社会のため、地球のため、人類のために還元できる人材を育成しています。

エコテクゾーン

「バイオマスエネルギーセンター」「リサイクル研究センター」「ロボット農業リサーチセンター」「エコテクグリーンハウス」の4施設があります。代表的な取り組みの1つとして、「エコテクノロジーを利用した環境保全技術の開発」をテーマに有機性廃棄物のエネルギー化・資源化の研究を行っています。

ページの先頭へ

受験生の方