東京農業大学

メニュー

本物の自然と生産現場が学びのフィールド

本物の自然と生産現場が学びのフィールド

日本有数の大規模畑作農業が展開する網走市に位置する網走寒冷地農場は1982(昭和57)年、生物産業学部の開設(1989年)に先駆け、寒冷地大規模畑作の実習と産・官・学が一体となった教育と研究を推進し、地域と共に歩む大学農場を目指して開設されました。

約20haの圃場には、北海道を代表する畑作物(秋播き小麦・ビール大麦・馬鈴薯・甜菜)の他に野菜類が栽培され、当農場職員が農家資格を有し、地域営農集団組織の一員となって地域農家と共に組織的な運営を行っています。同時に、試験圃場による試験・研究が行われ、地域農業の発展にも大きく寄与しています。

この農場はリアリティのある地域農業問題の解明を通してこれからの新しい農業の構築をめざすことを基本理念として掲げ、営農・教育・研究が三位一体となりながら、本学の「実学主義」を具現化できるユニークな特徴を持った大学農場です。

こうした恵まれた生産現場・研究環境のなかで、21世紀の新たな生物産業学の創造を目指し、実践感覚を磨いてください。

東京農業大学網走寒冷地農場 農場長 美土路知之 教授

寒冷地農場の3つの役割

東京農大オホーツクキャンパス生物産業学部に所属するこの網走寒冷地農場には「営農」「教育」「研究」という大きな3つの役割があります。

農場では実際の農業が営まれている(営農)と同時に農大生の実習の場(教育)であり、かつ地域と連携した試験などを行う場(研究)でもあるのです。

「教育」農大生の実習の場

「営農」実際の農業経営の場

「研究」地域に貢献する研究の場

農場技術練習生募集中

ビールプロジェクト

東京農業大学

網走寒冷地農場

住所
〒099-0501 北海道網走市音根内59-8
TEL
0152-46-31580152-46-3158
E-mail
info-afarm@voice.ocn.ne.jp

アクセスマップ

ページの先頭へ