東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

醸造学専攻博士後期課程3年 発酵食品化学研究室 海野 良輔さんらの研究成果がアメリカ微生物学会のプレスリリース記事に選ばれました。

2022年11月21日

教育・学術

 アメリカ微生物学会は3万人以上の科学者と医療従事者で構成される、世界最大規模の生命科学学会です。その学会誌である Microbiology Spectrum 誌(IF 9.043)に掲載された、醸造学専攻博士後期課程3年海野良輔さんらの研究 ‘Causality verification for the correlation between presence of non-starter bacteria and flavor characteristics in soft-type ripened cheeses’ がアメリカ微生物学会のプレスリリース記事に選ばれました。本研究は軟質チーズにおける非スターター細菌の存在と香気成分の特性の間で得られた統計的な相関関係を、分離株を用いたチーズ熟成試験によって、因果関係として実証したものです。本研究はチーズの風味形成のメカニズムの体系的な理解を深めるもので、従来のチーズの製造法に科学的根拠を与えるだけでなく、新しいチーズの創生を可能にするかもしれません。

本研究はJST次世代研究者挑戦的研究プログラム(JPMJSP2122)の支援を受け実施したものです。

ページの先頭へ

受験生の方