東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

2021年度の授業実施方針について

2021年1月20日

保護者

2021 年 1 月 20 日

在学生、保護者の皆様
受験生、入学予定者の皆様

東京農業大学
学長 髙野克己

 新型コロナウイルス感染症の収束が見通せないまま、新しい年を迎えました。
 2019年末に感染が確認され世界に拡大した新型コロナウイルスは、国内でも感染拡大の危険性が高まり、本学も令和元年度学位記授与式(卒業式)と令和2年度入学式を共に中止する苦渋の判断に至りました。さらに、政府の緊急事態宣言の発出を受け、世田谷、厚木、北海道オホーツクの3キャンパスの閉鎖に踏み切り、以後の授業実施にも大きな影響を及ぼすこととなりました。
 しかし、このような状況にあっても学生の皆さんに対する教育の提供と研究活動を継続し、高等教育機関としての使命を果たさなければなりません。前学期にあっては、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、学生の皆さんと教職員の健康と安全を最優先に考え、すべての授業を「遠隔授業」にて実施し、後学期にあっては、学生の皆さんの学びに対する要望に応えキャンパス等での対面教育を提供するために、感染防止策を徹底したうえで、「対面授業」と「遠隔授業」を併用した授業を実施してきたところです。

2021年度の授業は「対面授業」を基本とします

 2021年度の授業については、現在、全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にあり、首都圏では緊急事態宣言が発出されたところですが、本学の教育理念である「実学主義」を具現化する教育を行うこと、教育や研究の継続によって学生の皆さんや社会からの要望・要請に応えることの必要性を理解するとともに、今年度の経験知による有効な感染防止策等を踏まえて慎重に検討した結果、2021年度の授業実施方針を定め、第 1 報として以下のとおりお知らせします。
 ただし、この第 1 報で示す授業実施方針は、学生の皆さん、教職員、さらには社会を守る観点から、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により変更する可能性がありますことを、予めご了承ください。

授業実施方針(第 1 報)

  1. 2021年度の授業は、キャンパスの感染防止策を徹底したうえで、「対面授業」にて実施することを基本とし、これにオンライン教育の利点を活かした「遠隔授業」を適切に組み入れることにより、教育効果の高い授業を推進します。

  2. 新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、当初予定する「対面授業」を授業内容や規模等に応じて「遠隔授業」に変更して実施します。ただし、この場合であっても「対面授業」の割合を可能な限り維持し、実学主義に基づく質の高い教育を提供します。

  3. 2021年度は「対面授業」を中心とした授業運営となるため、学生の皆さんはキャンパスに通学することを前提とします。なお、基礎疾患がある等やむを得ない理由に限り、在宅学習(遠隔授業受講等)での対応について検討します。

  4. 2021 年度も授業の一部を「遠隔授業」にて実施することから、インターネットを介しての授業 受講や課題提出等が必要となりますので、パソコン及びインターネット環境について、添付 「パ ソコン所有及びインターネット環境の準備について(お願い)」 のとおりご準備ください。

 以上のとおり 2021年度は、学生の皆さんがキャンパスに集い、授業を受講し、研究室活動を行い、そして友人との交流を図るなど、コロナ禍であっても充実した学生生活を送れるよう、教職員一同全力を尽くして準備してまいります。
 本方針に対する皆様のご理解と、引き続き感染防止(マスク着用、手指消毒、会食等3密回避など)へのご協力をよろしくお願いします。

ページの先頭へ