東京農業大学

メニュー

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

農大130周年事業のご案内

 1891年に徳川育英会「育英黌農業科」として設置された本学は、本年度、創立130周年を迎えました。
 先達の努力と功績を称え、そして、未来の農大人への希望を託して、本学は今年度、下記の事業・イベントを展開いたします。

事業・イベント

東京農大の近未来宣言

 宣言のテーマは、「農の縁(えにし)から新たな豊かさを創造する開拓者となる」です。
 2030年までに世界が目指す持続可能な開発目標SDGsは、農林水産資源・環境・エネルギー・健康・飢餓など東京農業大学としても取り組むべき課題を多く含んでいます。これらの課題には農学における革新的技術による貢献が求められており、農学分野を牽引する本学としてもその役割が大いに期待されています。
 東京農業大学は、創立130周年を迎えるにあたり、本学の使命として、地球の未来に持続可能な食と農の生産消費システムを実現するべく、総合農学・生命科学を駆使して取り組んでまいります。また、これらの課題解決に資する人材を育成し、日本の農林漁業者を支え、食料自給率の向上に寄与するとともに、世界の食料・農業・環境問題の解決に新たな気持ちで挑むことを宣言します。
 宣言に基づき本学が取り組む課題等については、9月に改めて公表します。乞うご期待ください。

国際センターの設立(2023年5月完成予定)

 130周年事業の核となる国際センターの建設は、2021年に着工、2023年に竣工の計画で進めています。コンセプトは、「東京農大の叡智を世界に発信する『NODAI FLAGSHIP』となる」です。
 農大の建学の精神「人物を畑に還す」を「人物を世界の畑に還す」に拡げて、国内外のグローバルリーダー育成の拠点を目指します。

0805_正面部分.jpg

0805_外観01.jpg

0805_世田谷通り.jpg

※2020年8月提案イメージ

1階:カフェ・レストラン、交流ラウンジ、プロジェクトルーム、コミュニティキッチン、コミュニティスペース、ライブラリー
2階:会議ホール大(2~3階)、会議ホール小、コミュニティキッチン
3階:校友会事務室、教員室、共有サロン

NODAI SDGs シンポジウム

 本学は、2020年度に、文科省の「大学の世界力強化事業」の2度目の採択を受けて、「アフリカの栄養改善活動をフィールドとする協働実践型教育プログラム」を展開中です。今回は、そのアフリカエリアでのSDGsをテーマにミニシンポジウムをオンラインにて開催します。
 テーマは「SDGs in Africa(仮)」です。

世界学生サミット期間中の特別シンポジウム

 本学が、2001年から実施している「世界学生サミット」は、昨年度、新型コロナウィルスの影響により止む無く中止となりましたが、今年度は、withコロナの中で、9月に開催を計画しています。今回は、その世界学生サミット期間中に、アジアにおける東京農大のプレゼンスを高めるための特別シンポジウムをオンラインにて開催します。
 テーマは「Tokyo University of Agriculture 130th Anniversary Symposium: Tokyo NODAI as the Center of Excellence for Research and Education on Food, Agriculture and Environment in Asia(仮)」です。

学部と海外協定校のミニシンポジウム

 世界32カ国44大学と海外協定校をもつ本学。今回は、東京農大(6学部それぞれ)が、その協定校との連携(共同研究)によるSDGsへの貢献と、その先に続く持続可能な世界を描くミニシンポジウムをオンラインにて開催します。
 各学部共通のテーマは「Moving beyond SDGs - Tokyo NODAI Global Network」です。

「食と農」の博物館130周年企画展示

 「食と農」の博物館では、今年度後半から130周年記念特別展を開催します。テーマは「学祖群像―豊かさをつなぐ(仮称)」です。本学キャンパスの変遷を辿りながら、「万能人」の武士あるいはグローカリストとして日本の農業を開拓しようとした榎本武揚、農学の基礎を盤石に築いた横井時敬らの学祖、そして近代科学を博物学的視点から広め、彼らを支えた田中芳男といった、個性豊かな先人たちに焦点を当てます。彼らが掲げた理想や教育理念、また交流の様子に向きあいながら、令和の時代に相応しい新たな「実学」のあり方を探っていきます。

130周年記念動画「つなぐ」みんなのメッセージ

 130年の歴史をもつ本学。その長い歴史の蓄積である学生、教職員、卒業生など、東京農大にかかわる多くの人たちからのメッセージにより、東京農大の歴史と成果を共有するとともに、広く様々な年代や背景を持つ一般の方々にも輪を拡げ、本学の教育や研究への理解を深めるとともに、本学の魅力を発信します。

今後のスケジュール(予定)

9月
  • 東京農大の近未来宣言
  • 世界学生サミット特別シンポジウム「アジアにおける東京農大のプレゼンスを高める」
  • 「食と農」の博物館130周年企画展示「学祖群像―豊かさをつなぐ(仮)」
  • 130周年記念動画「『つなぐ』みんなのメッセ―ジ」
11月
  • 農学部とカセサート大学(KU)とのシンポジウム
    「Future Perspective of Crop Improvement Studies in Asia- Breeding, Biotechnology, Genetic Resources and their Application -(仮)」
  • 地域環境科学部とカンボジア王立農業大学(RUA)とのシンポジウム
    「Sustainable Rural Development towards SDGs through Local Collaboration in Cambodia(仮)」
  • 国際食料情報学部とフィリピン大学ロスバニョス校(UPLB)およびボゴール農科大学(IPB)とのシンポジウム
    「Enhancing International Academic and Research Collaborations for the Next Generation(仮)」
  • 生物産業学部とロシア極東連邦大学(FEFU)とのシンポジウム
    「Sustainable Exchange of Human Resources and Cultures between Hokkaido and Russian Far East(仮)」
12月
  • 応用生物科学部とペンシルベニア州立大学(PSU)とのシンポジウム
    「Dietary Recommendation; What is Needed and What is Too Much(仮)」
2月
  • 生命科学部とカリフォルニア大学デービス校(UC Davis)とのシンポジウム
    「Life Sciences towards SDGs and beyond  ~From Molecules to Globe~(仮)」
3月
  • 東京農大SDGsシンポジウム「SDGs in Africa(仮)」

ページの先頭へ

受験生の方