東京農業大学

メニュー

東京農業大学の研究活動

東京農大・キユーピー サラダでみんなに笑顔を!

サラダレシピ動画で食卓を笑顔に!

簡単でおいしい♪サラダの料理動画を公開中

 お家で過ごす日々の中で、ご自宅でお料理をする機会も増えたのではないでしょうか。
 調理が簡単でバリエーションも豊富なサラダは、手軽に食卓に彩りを加え、お食事を華やかにしてくれます。

 東京農業大学は、キユーピーとの包括連携企画として、キユーピー株式会社からレシピの紹介を受けて、本学学生・教職員によるサラダレシピ動画を公開しています。

 キユーピーが展開する商品には、ドレッシングやカット野菜など、サラダに欠かせないアイテムがたくさん!また公式サイトでは、手軽でおいしい「とっておきレシピ」を紹介しています。

とっておきレシピ

 「とっておきレシピ」を見てそのままつくったり、参考にしてオリジナルサラダにチャレンジしたりなど、とっておきのサラダを動画で公開中です♪

 また、 野菜やサラダにまつわるエピソードやあるあるネタ 、旬の野菜の話、調理のコツから自分のこだわりまで、話しながらのお料理もご覧になれます。

投稿動画

みんなのサラダレシピ動画をご紹介♪

※動画で使用されたキユーピー商品や「とっておきレシピ」の情報は更新される場合があります。

新しい動画のアップ状況はTwitterでお知らせいたします。

 自粛期間で時間があったので、苦手な料理に挑戦したく、初心者でも作れる簡単なサラダを作りました。参考にしたのは、とっておきレシピのえびとブロッコリーとゆで卵のサラダです。
( https://www.kewpie.co.jp/recipes/recipe/QP10004060/ ) 



ヘルシーでボリューム満点、ピリッとした辛さがアクセントの夏にぴったりなサラダです。
辛さを足したいときはラー油をかけたり、マイルドにしたいときはマヨネーズをかけたりして
自分好みの味にできます。
そうめんにのせるなどのアレンジもでき、美味しいです!



夏にぴったりです♩



卵と野菜でしっかり栄養の取れるサラダです。
しっかり食べて、これからの夏本番を元気に過ごしましょう!



タイ料理のヤムウンセンをヒントに作ってみました!
さっぱりとした味で、いつも食べているサラダに一手間加えることで簡単にタイ気分が味わえちゃいます!
エスニック料理好きの方はぜひお試しください‼
パクチーも家のプランターで栽培できちゃうので育ててみてはいかがですか⁉



 簡単に作れる、一口で食べられる、という点がポイントです。トマトとチーズの組み合わせが非常においしいです。今回はチーズとニンジンの葉を使いましたが、他にもいろいろなアレンジができます。



 ポテトサラダはマヨネーズを味付けのメインにする為に、その他の調味料は少なめで作りました!また、全体的に彩も意識して作りました!



 きっかけはアゼルバイジャン料理の「茄子のろロール」です。初めて知る外国の料理は斬新な様で、しかし一度食べてみると奇抜さは無く、これまで知らなかった日常を発見します。



 ビールやワインにあうので晩酌やパーティーにいかがですか? 乗せる具材もアレンジ自由!ぜひ試してみてください。



 自分で初めて種から育てた野菜を使って、収穫からサラダ動画を撮影しました。ロメインレタス、ズッキーニ、白なす、中玉トマト、ミニトマト、ピーマン、韓国唐辛子などの自家野菜が登場します。



 このサラダレシピにおいて、一番「簡単・手軽さ」を重視しました。食事の準備中、あと一品欲しいな。野菜が足りないな。と思った時にサラダを作ろうと私はよく思います。ですので家にある食材で、簡単かつ一度にたくさんの野菜を取れる温野菜サラダにしました。
 またちょうど家にゴマドレッシングがあったのでそれを使おうと考え、ゴマドレッシングにも冷たい野菜だけなく
温かい野菜にもとても合うという点でもこのレシピは万能だと思います。今後も季節のいろいろな野菜で試してみたいです。



 このメニューは、私の出身地である静岡県の特産品の一つ、しらすを使ってみました。たらこスパゲティの素としらすの塩気が相まってとてもおいしく召し上がれます。



 2012年にフランスのナンシーで開催された「国際メイラード反応シンポジウム」に参加したときに、地元レストランの食事で出された「サラダ」が美味しく再現してみました。ポイントはサラダ菜に塩味として「カルパッチョ(白身の魚なら可)」を、甘みと酸味、香りとして「オレンジグレープフルーツ」を、そして酸味に「バルサミコ酢」を使っていることです。最後にオリーブオイルで仕上げています。絶妙なバランスのサラダで、ぜひお試しください。





 どんな葉物野菜にも合う食べるドレッシングです。マスタードがピリッとアクセントになってランチにもディナーにもお楽しみいただけます。

ページの先頭へ