東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

緊急事態宣言発出に伴う行動指針の「段階」について

2021年4月23日

お知らせ お知らせ お知らせ お知らせ

令和3年4月23日

学生の皆さん

学長 江口 文陽

緊急事態宣言発出に伴う行動指針の「段階」について

 ご承知のとおり、新型コロナウイルス感染拡大が拡がる中、4月25日(日)から5月11日(火)までの間に、東京都、大阪府、京都府、兵庫県を対象とする「緊急事態宣言」が、政府から発出されました。その一方で、文科省からは、「感染防止の徹底と学生の学修機会の確保の両立」を求める高等教育局長通知が4月16日(金)付けで配信されております。

 本学としては、今回の緊急事態宣言が、大学に一斉休校を求めるものではないこと等を考慮し、かつ、学生の学修機会の確保を目指して、キャンパス閉鎖は行わず、感染拡大防止対策の徹底・強化を図りつつ、予定する教育研究活動を継続することといたします。

 つきましては、緊急事態宣言期間中の行動指針の段階等を、下記のとおりといたしますので、ご確認いただき、その実行についてご協力をお願いします。

1.期間中の「行動指針」は、「別紙1(Ver.8 R03.3.24)」のとおりとします。

2.上記の行動指針の「段階」、「適用期間」は、キャンパスごとに「別紙2」のとおりとします。

3.期間中の4/26(月)~28(水)と5/6(木)・7(金)の5日間に予定されている世田谷キャンパス及び厚木キャンパスの学部・大学院の対面で行う講義(実験実習演習は除く)は、全て「休講」とします。(詳細については、別途、お知らせします。)

4.「緊急事態宣言」の対象地域内にある世田谷キャンパスにおいては、期間中のキャンパス内の滞在時間を19時までとします。当該キャンパスの学生と教職員は、20時以降の外出を自粛してください。

5.また、世田谷キャンパスの学生、教職員は、期間中、不要・不急の活動を、原則、自粛してください。特にゴールデンウイーク期間中は、他の地域への往来・帰省等の移動を原則、自粛してください。

6.厚木キャンパス及びオホーツクキャンパスは、「緊急事態宣言」の対象地域ではありませんが、期間中、学生と教職員は、「緊急事態宣言」の対象地域への移動はもとより、不要・不急の活動・移動は、原則、自粛してください。

※ なお、学生の皆さんに向けた授業実施の詳細については、「学生ポータル」にてお知らせしますので、必ず確認するようにしてください。

Regarding operational guidelines accompanying the issuance of a state of emergency

April 23, 2021
Dear students,

 As you know, while the coronavirus infection is spreading, a "state of emergency" has been issued by the government from April 25 (Sun) to May 11 (Tue) targeting Tokyo, Osaka, Kyoto, and Hyogo prefectures. On the other hand, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) has sent a notice on April 16 (Fri) requesting "Compatibility of thorough infection prevention and securing learning opportunities for students".

 Considering this declaration of emergency does not require a university to close its campuses, and aiming to secure learning opportunities for students, Tokyo NODAI will not close any campuses and will thoroughly implement measures to prevent the spread of infection while we continue providing students with education and research opportunities.

 As the stages of the operational guidelines during the “state of emergency” declaration are shown as follows, we would like to ask for your kind cooperation.

1. The "Operational Guidelines for Tokyo NODAI" during the “state of emergency” period are as shown in "Attachment 1".

2. All classes (excluding experiments, practical training, and comprehensive exercise) for undergraduate and graduate programs scheduled to be held face-to-face from April 26 (Mon) to April 28 (Wed), May 6 (Thu) and May 7 (Fri) in both Setagaya Campus and Atsugi Campus will be canceled. (The details will be announced separately.)

3. For Setagaya Campus, students must leave campus before 19:00 since it is in the target area of the "emergency declaration". The students, faculty members and staff are strongly encouraged to stay home after 20:00.

4. In principle, students, faculty members and staff of Setagaya Campus should refrain from nonessential outings and activities under the state of emergency. Especially during Golden Week, please refrain from travelling to other areas or returning to hometowns.

5. Atsugi Campus and Hokkaido-Okhotsk Campus are not covered by the "emergency declaration", but the students, faculty members and staff of both campuses should not only avoid travelling to the target area but also avoid nonessential outings and activities in general during the period.

* For further information, please check Student Portal or contact your department individually.

Eguchi Bunyo,
President
Tokyo University of Agriculture

ページの先頭へ