東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

2021年度の授業等に関するお知らせ(第2報)

2021年2月18日

お知らせ

2021年2月18日

在学生、保護者の皆様
受験生、入学予定者の皆様

東京農業大学
学長 髙野克己

 2021年1月20日付「2021年度の授業実施方針について(第1報)」にて、次年度の授業は、新型コロナウイルス感染症の感染防止策を徹底したうえで、キャンパスにおける「対面授業」を基本として実施することをお知らせしました。現在も首都圏を中心に緊急事態宣言が継続されている状況にありますが、この実施方針のもと、学生の皆さんがキャンパスにおいて安心して学べるよう教職員一丸となって準備を進めているところです。
 このたび、「2021年度 年間授業計画」等が決定しましたので、第2報として以下のとおりお知らせします。各学期の授業日程や学生生活に係る各種イベント等の年間スケジュール、また本学の感染防止の取り組み等についてご確認くださるようお願いします。
 なお、年間授業計画等は、新型コロナウイルス感染症の状況等により変更となる可能性がありますことを、予めご了承ください。

2021年度年間授業計画(予定)

本学の感染防止の取り組み

 学生の皆さんが、キャンパスにおいて安心して学び、研究室活動等が行えるよう、徹底した感染防止策を講じます(以下、主な感染防止策)。

  • 感染防止に係る授業実施のガイドラインの策定・実施
     教室の使用人数制限(定員の1/2等)、各所への消毒液等設置、教室の定期的な換気など
  • 感染防止ルールの策定・実施
     キャンパス入構時の検温、マスク常時着用、教室入室時の手指消毒、着席場所の記録など
  • 感染防止ガイダンスの実施(全学生・教職員)
  • 感染防止グッズの配付(新入生及び2020年度在宅学習であった在学生)

対面授業を基本とし、一部を遠隔授業で実施

 授業はキャンパス等での「対面授業」を基本とし、オンライン教育の利点(オンデマンド学習による知識の定着/反復学習等)を活かし、数回の授業を「遠隔授業」にて実施します。
 また、教室の使用人数制限(定員の1/2等)により、履修者数が多い大規模講義科目等一部の授業(キャンパスにより全体の1~3割程度)を「遠隔授業」で実施することを予定しています。
 ※「対面授業」には、キャンパスでの講義や実験・演習等のほか、農場や学外での実習等の授業を含みます。

入学式、新入生・在学生ガイダンス等

 入学式、新入生・在学生ガイダンス及び健康診断の実施日程は、添付「2021年度 年間授業計画(予定)」のとおりですが、新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえつつ、現在、実施内容及び実施方法等を慎重に検討しています。詳細は、決定次第お知らせしますので、まずは実施日程をご確認いただきご予定ください。

 以上のとおり2021年度は、学生の皆さんがキャンパスに集い、授業を受講し、研究室活動を行い、そして友人との交流を図るなど、コロナ禍であっても充実した学生生活を送れるよう、教職員一同全力を尽くして引き続き準備してまいります。
 なお、2021年度の授業時間割を含めた授業実施の詳細や、やむを得ない理由で対面授業を受講できない場合の手続き方法等は、第3報(3月中旬を予定)にてお知らせします。
 皆様には、引き続き感染防止(マスク着用、手指消毒、会食等3密回避など)へのご協力をよろしくお願いします。

ページの先頭へ