東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

【日本酒プロジェクト2020】多大なご支援を感謝します

2020年10月29日

お知らせ

多大なご支援を感謝します

 コロナ禍で大きな打撃を受けた全国の酒蔵を応援する「日本酒プロジェクト2020」が10月26日(日)をもって終了しました。9月1日のスタートから56日間に延べ2,563件、1927万9135円のご支援をいただきました。
 多大なご支援に心から感謝申し上げます。
 春からの需要期にコロナ禍が直撃しました。飲食店の営業自粛や、祭りなどのイベント中止が相次ぎ、日本酒の販売量は壊滅的に減少しました。GO TOトラベルなどの政府の施策もあり、需要は回復の兆しを見せ始めていますが、例年並みの需要には遠く及びません。秋からの酒造りで最も費用がかさむ酒米の仕入れに支障をきたす蔵も出てきていました。
 今回ご支援いただいた全国各地の41蔵は、東京農業大学の卒業生が役員や杜氏などを務めています。今回ご支援いただいた金額は、日本酒のクラウドファンディングでは最も大きなものと聞いています。「農大のクラウドファンディング」「農大卒業生の酒蔵」などとSNSを通じて拡散されたようです。日本酒を愛するみなさんが「東京農大」に信頼を寄せていただいたのだとしたら、誠にありがたいことです。
 ご支援をいただいた蔵では、9月の開始以降、金額が伸び続けたことに驚いたとのことです。全国から多くの温かい励ましをいただき、10月から酒造りを始めることができたと喜んでいました。
 感謝の気持ちを込めて作った日本酒が届くのをお待ちください。
 日本酒は焼酎と並ぶ「国酒」です。多様で豊かな日本の食文化のシンボルです。
 東京農業大学は今後もこうしたクラウドファンディングや、卒業生蔵元の試飲フェアなどの開催を通じて、日本酒文化の発展に寄与していきます。
 みなさま方の引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

東京農業大学学長
髙野 克己

 クラウドファンディングサイトCAMPFIRE「日本酒プロジェクト2020」サイトにて、各酒蔵の支援額が確認できます。

ページの先頭へ