東京農業大学

メニュー

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

農学の真価を発揮し、
未来を耕す人材へ

"生きる"を支える

グリーンアカデミーの沿革

東京農業大学は、100有余年の歴史を有する自他ともに認める農学の殿堂です。その長き伝統に培われた教育のノウハウを生かし、グリーンアカデミーは生涯学習の実践の場として活動を続けています。今まさに高齢化社会の到来とともに、生涯学習の重要性が社会で大きくクローズアップされていますが、昭和50年からその実践の場を提供してきた先見の明については、学外からも高く評価されています。

グリーンアカデミーの沿革

昭和50年
6月16日
東京農業大学成人学校として設立認可を受ける。
昭和50年
10月1日
「造園・園芸コース」第1期生81名が入学授業を開始。
昭和53年
4月12日
53年度より1カ年修了課程を本科とし、更に継続履修希望者を専科とする。
昭和62年
4月1日
科名変更により、「園芸造園本科」「園芸造園専科」とする。
平成4年
12月3日
附帯教育として「健康増進コース」の認可を受ける。
平成9年
8月18日
附帯教育の健康増進コースを、健康増進Aコース・健康増進Bコースと学則変更し認可を受ける。
平成16年
10月2日
東京農業大学成人学校として創立30周年式典を行う。
平成22年4月 東京農業大学傘下の組織「グリーンアカデミー」として活動を開始する。
平成23年4月 東京農業大学エクステンションセンターと組織を一体化する。
科名変更により、「グリーンアカデミー本科」「グリーンアカデミー専科」「生活健康科」とする。

平成30年4月現在 在籍生徒数 267名

平成30年3月までのグリーンアカデミー(成人学校)修了者総数  11,482名



ページの先頭へ