東京農業大学

メニュー

進化する東京農大

教員・職員公募案内

現在、下記の教員・職員を募集しています。

農学部

現在募集はありません。

応用生物科学部

醸造科学科 発酵食品化学研究室 助教(任期制又は嘱託*)1名

所属 応用生物科学部 醸造科学科 発酵食品化学研究室
職名・募集人員 任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。*教育実績により、嘱託採用となる場合がある。
専門分野 発酵食品化学、食品微生物学、食品加工学、生化学
担当授業科目 食品化学実験、生化学、発酵食品化学、食品微生物学、その他演習・実習科目、卒業論文など
応募資格 下記1~7のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 発酵食品製造時の成分変化や微生物の動態・生理に関する深い見識と実験技術、ならびに最新のデータサイエンスの解析技術を有し、本分野の教育・研究に意欲的に取り組める方
  5. 上記分野に関する英文の原著論文が当人を筆頭著者として学術雑誌に掲載されている方
  6. 学部学生対象の食品化学実験、生化学、発酵食品化学、食品微生物学、その他演習・実習科目、卒業論文を担当できる方
  7. 高い倫理観と熱意と責任をもって学生教育、研究に取り組むとともに、組織運営に柔軟かつ積極的に取り組める方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4㎝×横3㎝の写真添付*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論文およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(A4用紙に2000字程度)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学生教育に対する抱負(A4用紙に2000字程度)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)からの推薦書とそれらの方の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年8月16日(火)必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「発酵食品化学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2023年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の日時は後日連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 応用生物科学部
学部長 山本 祐司
TEL:03-5477‐2917
E-mail:ousei@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

生命科学部

分子微生物学科 植物共生微生物学研究室 助教(任期制)1名

所属 生命科学部 分子微生物学科 植物共生微生物学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)1名 ※教育実績により、嘱託採用となる場合がある
任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用されることが可能
専門分野 植物共生微生物学、植物病理学、植物生理学、分子生物学
担当授業科目 植物共生微生物学、植物病理学、植物生理学、微生物学、基礎化学実験、その他演習・実習科目、卒業論文など
応募資格 下記1~7のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 学部学生対象の植物共生微生物学、植物病理学、植物生理学、微生物学、基礎化学実験、その他演習・実習科目、卒業論文を担当できる方
  5. 高い倫理観と熱意と責任を持って学生教育、研究に取り組むとともに、本学部および本学科の構成員として各種運営業務に協力できる方
  6. 植物―微生物間相互作用、植物病理、植物成長促進微生物、植物体内外の微生物コミュニティーの専門分野に関する研究業績を持ち、この分野の教育・研究に意欲的に取り組める方
  7. グローバル教育のための英語能力を有する方が望ましい
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4㎝×横3㎝の写真添付*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論文およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(A4紙1枚1500字程度)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学生教育に対する抱負(A4紙1枚800字程度)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年3月28日(月)必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「植物共生微生物学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2022年10月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 研究室面接(プレゼンテーションを含む。)
  3. 三次選考 学科面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の日時は後日連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 生命科学部
学部長 坂田 洋一
TEL:03-5477‐2912
E-mail:sakata@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

地域環境科学部

造園科学科 緑化植栽学研究室 准教授(任期制)または助教(任期制)1名

所属 地域環境科学部 造園科学科 緑化植栽学研究室
職名・募集人員 准教授(任期制)または助教(任期制)1名
任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 ランドスケープ資源・植物分野
担当授業科目 学部科目:フレッシュマンセミナー,造園体験演習,共通演習,花・緑演習,造園植栽演習,造園植栽学,グラウンドカバープランツ,芝生論,専門特化演習(一),(二),造園総合論,専攻研究,英語による専門教育プログラム(Life history and Application of Landscape Plants),卒業論文など
大学院科目:論文英語,造園調査法詳論演習,造園学特別演習I~IV,論文英語作成,造園植栽学後期特論,特別研究指導I~IIIなど
応募資格 下記1~6のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 造園関連の教育・研究実績,または造園関連業務の実務経験のある方
  5. 学部および大学院における教育と研究指導ができる方
  6. 協調性が豊かで,現職の教員と協力して実践的な教育・研究に当たることができる方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4㎝×横3㎝の写真添付*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論文およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(2000字程度、A4用紙)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学生教育に対する抱負(2000字程度、A4用紙)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年6月1日(水)必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「緑化植栽学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2023年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の日時は後日連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 地域環境科学部
学部長 大林 宏也
TEL:03-5477‐2911
E-mail:chiiki@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

地域創成科学科 自然再生分野 地域環境保全学研究室 助教(任期制)もしくは嘱託助教1名

所属 地域環境科学部 地域創成科学科 自然再生分野 地域環境保全学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)もしくは嘱託助教1名
  • ・任期制教員の場合、任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
  • ・教育実績によっては、嘱託教員での採用となる場合がある。
専門分野 自然再生分野(地域環境保全学)
担当授業科目 共通科目(分担):フレッシュマンセミナー、地域交流実習、共通演習、地域創成フィールド実習(一)(二)、地域創成総合実習(一)(二)、農山漁村インターンシップ
分野科目(主担または分担):農域植生学、景観生態学、農域空間情報論、専攻実験・実習(一)(二),卒業論文
応募資格 下記1~5のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 協調性が豊かで、現職の教員と協力して実践的な教育・研究に当たることができる方
  5. 熱意をもって学生教育、組織運営業務に取り組み、異分野の研究にも柔軟に対応できる方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4㎝×横3㎝の写真添付*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論文およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(A4紙1枚1,500字程度)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学生教育に対する抱負(A4紙1枚1,500字程度)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年6月30日 必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「地域環境保全学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2023年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の日時は後日連絡します。面接の際の交通費は自己負担となります。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 地域環境科学部
学部長 大林 宏也
TEL:03-5477‐2911
E-mail:chiiki@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

国際食料情報学部

国際バイオビジネス学科 経営戦略研究室 准教授または助教 (任期制)1名

所属 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 経営戦略研究室
(2023年4月より「アグリビジネス学科」に名称変更予定)
職名・募集人員 准教授または助教 (任期制)1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 農業経営学(農業経営戦略論)
担当授業科目 バイオビジネス経営実践論、バイオビジネスと環境、商品企画演習、バイオビジネス実地研修(一)、バイオビジネス基礎演習、卒業論文演習、卒業論文など
応募資格 下記1~7のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 国内外の農業・食品産業に関する素養を有している方
  5. 国際共同研究にも熱心に取り組める方
  6. 経営戦略およびマーケティングに関する専門的知識を有している方
  7. 本学科の運営について理解し、学科業務諸事に積極的に協力してくれる方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業⼤学の書式に限る。縦 4 ㎝×横 3 ㎝の写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業⼤学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論⽂およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論⽂5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(2,000字程度、様式不問)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学⽣教育に対する抱負(1,000字程度、様式不問)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の⽒名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の⽬的には使⽤いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論⽂以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年7月29日(金)必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「経営戦略研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2023年4月1日
選考方法
  1. ⼀次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の⽇時は後⽇連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業⼤学 国際食料情報学部
学部⻑ 高柳 長直
E-mail:takayan@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

国際バイオビジネス学科 マーケティング研究室 准教授(任期制)または助教(任期制)1名

所属 国際食料情報学部 国際バイオビジネス学科 マーケティング研究室
(2023年4月より「アグリビジネス学科」に名称変更予定)
職名・募集人員 准教授(任期制)または助教(任期制) 1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。教育実績により嘱託助教採用となる場合がある。
専門分野 マーケティング
担当授業科目 マーケティング論、経済学(ミクロ)、実地研修、卒業論文など(新カリキュラム検討中で科目名称は変更の可能性があります)
応募資格 下記1~7のすべてにあてはまる方
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学が定める「求める教員像」、また、本学、本学部及び本学科が定める「教員組織の編制方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 国内外の農業・食品産業に関する素養を有している方
  5. 国際共同研究にも熱心に取り組める方
  6. マーケティングおよび経営戦略に関する専門的知識を有している方
  7. 本学科の運営について理解し、学科業務諸事に積極的に協力する方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業⼤学の書式に限る。縦 4 ㎝×横 3 ㎝の写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業⼤学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論⽂およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論⽂5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(2,000字程度、様式不問)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学⽣教育に対する抱負(1,000字程度、様式不問)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の⽒名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)
    ※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の⽬的には使⽤いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論⽂以外は原則として返却しません。
応募締切日 2022年7月29日(金)必着
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「マーケティング研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
採用予定日 2023年4月1日
選考方法
  1. ⼀次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の⽇時は後⽇連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付
および問合せ先
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業⼤学 国際食料情報学部
学部⻑ 高柳 長直
E-mail:takayan@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

生物産業学部

現在募集はありません。

職員公募

個人調書及び教育研究業績書

教員組織の編成方針

ページの先頭へ

受験生の方