東京農業大学

メニュー

進化する東京農大

農学研究科

本研究科は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、保有学位や高度な専門能力及び論文作成指導能力に加え、国際化への対応を考慮し、人類が直面する農業・食料生産をとりまく諸問題の複雑化にあわせて、多様な教育・研究を展開しうる研究室体制の充実を図る。さらに、教育研究の維持・向上に努める。
なお、各専攻の編制方針は別に定める。

  1. 本研究科の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 農学の各分野における高い研究業績を有するとともに、本研究科の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

農学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、新しい農業・食料生産と豊かな精神生活の基盤構築やそこに発生する環境保全と消費エネルギー低減に関わる問題解決に向けて対応しうる研究室体制と、そのために必要とされる広範かつ深化した教育・研究を展開しうる教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 農学専攻分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

畜産学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、動物生命・生産科学を基盤に最先端知識・技術を駆使して多彩な教育・研究を展開しうる研究室体制と、動物科学関連領域の諸問題に十分に対応し得る先端の教育・研究レベルを有した教員による教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 畜産・動物科学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

バイオセラピー学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、自然環境の保全と動植物の利活用による人の生活の質の向上を目指した研究室体制と人の生活を取り巻く自然、社会、福祉といった多彩な領域の研究者を配した教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 自然環境、社会生活、健康福祉といった人を取り巻く環境および福祉農学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

バイオサイエンス専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、保有学位や生命科学分野における高度な専門能力及び論文作成指導能力に加え、国際化への対応を考慮し、生命科学の最先端知識、技術を活用して創造的、独創的な教育研究を推進しうる研究室体制を構築する。また、研究内容・成果を自在に発信・討論し、産業・教育の発展に広く寄与することのできる人材の育成を目指した教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 生命科学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

農芸化学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、農芸化学の最先端の知識・技術を基礎に、食料・健康・環境・資源エネルギーにかかわる諸問題の解決に貢献する研究を展開し得る研究室体制と基礎・応用の両面から高度な研究遂行能力を習得できる教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 土壌肥料学・植物生産化学・生物有機化学・応用微生物学・食料資源理化学・栄養生化学の各分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

醸造学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、わが国独自の醸造技術や発酵食品の科学的探求および次世代の微生物利用産業の発展への寄与を目指した研究室体制と醸造業をはじめとする微生物産業に関わる基礎的な知識および微生物学、化学または生物工学を基盤とした研究能力を有する人材を育成するための教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 酒類生産学、発酵食品学、醸造微生物学、醸造環境科学などの専門分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

食品栄養学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、ヒトの生涯にわたる健康の維持・増進および疾病の予防・改善に向けた食の機能性の利用や、栄養管理などの高度で専門的な研究を展開しうる研究室体制と科学的根拠に基づいた食と栄養の専門的知識・技術と研究能力を修得し、問題を論理的に解決できる人材の育成を目的とした教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 食品栄養学分野および人間栄養学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

林学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、森林環境保全、森林資源生産、森林資源利用、森林文化情報に関連した研究室体制と自然循環型の社会形成と人類の持続的発展に貢献できる人材養成に卓越した教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 林学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

農業工学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、農業工学分野における保有する博士学位や高度な専門能力及び論文作成指導能力に加え、国際化に対応しつつ、人類が直面する農業農村開発と自然環境の保全との狭間で生じる地球規模の諸問題の複雑化に合わせて、多様な教育・研究を展開する教育体制を構築し、建学の精神「人物を畑に還す」のもと、国内だけでなく、世界各国、地域で活躍する優れた高度人材を育てることを目的として、農業工学分野における高度な専門的能力と学識を備えた研究者及び技術者を養成する研究室体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 農業工学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

造園学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、快適で豊かな環境の創造や保全、その実現を目指すうえで必要となる課題解決に対応できる多様な研究室体制と、その推進に必要とされる専門知識と技術、独創的な研究手法と優れた研究能力を展開しうる教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 造園学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

国際農業開発学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、農業開発や国際協力にかかわる自然科学および社会科学にわたる領域での高度な研究を遂行しうる卓越した研究室体制と同領域における基礎から専門にいたる知識と実務能力をかねそなえた人材の育成を目標とした教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 国際農業開発学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

農業経済学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、農業・食料・環境の諸問題に対して経済学をはじめとした社会科学の手法を用いて多様な研究・教育を展開しうる研究室体制と社会科学の特性を踏まえた教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 農業経済学や関連社会科学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

国際バイオビジネス学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、食・農・環境にかかわるビジネスの実態解明と課題解決を目的とする研究室体制と、それらビジネスの持続的発展に寄与する人材の養成を図る教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 食・農・環境ビジネスを対象とした経営学の分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

環境共生学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、環境共生学の分野において高度な専門的知識・能力および論文作成指導能力を備え、特に実社会でキャリアと研究業績を積んだ社会人に指導対応ができる教育体制および環境共生社会を実現するための学術的研究能力の探求をめざす教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 環境共生学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

食品安全健康学専攻

本専攻は以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、本研究科の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、ヒトの健康に対する食品(成分)のリスクを科学的に評価し、的確に管理する方法論を構築し、リスクに関する情報を正しく発信するという「食品の安全性」と、食品に関連してヒトの健康増進に資する新規機能性成分を探索し、その機能の背景機構を解明し、生体に応用するという「食品の機能性」の両分野の高度で専門的な研究を展開できる研究室体制とこれら両分野における高度な知識と技術、研究能力を修得し、高度な問題解決力を身につけた人材の育成を目的とした教育体制を構築し、その維持・向上に努める。

  1. 本専攻の「教育研究上の目的」、「教育目標」及び「3つの方針」を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員
  2. 食品の安全性に関わる科学分野および食品の機能性に関わる科学分野における高い研究業績を有するとともに、本専攻の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

ページの先頭へ