東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

都内初の独自電子観測点を東京農大世田谷キャンパスに設置【JESEAと東京農大、地震予測手法の確立へ向け共同研究開始】

2017年8月31日

教育・学術

東京農業大学(世田谷区桜丘1-1-1、学長:高野克己)は、JESEAジェシア(正式名称:株式会社地震科学探査機構、代表取締役:橘田寿宏)の受託研究「衛星測位データを利用した首都圏の地震予測に関する研究」の一環として、地震のより正確で迅速な予測のため、東京農大の世田谷キャンパス内に電子観測点を設置しました。

JESEAは、現在ユーザー数6万人超の世界最大級の地震予測の民間会社です。

これまでは、全国に1300点ある国土地理院の電子基準点データの高度な解析により、地震予測を実施してきました。しかし、これらはタイムラグがあるため、リアルタイムに24時間の観測ができる電子観測点をNTTドコモの協力により全国に整備してきました。今回の観測点を加え18点の独自電子観測点網が完成しました。

特筆すべきは、東京都内初の独自電子観測点であるということです。

東京農大世田谷キャンパス(世田谷区桜丘1-1-1)は、設置場所の条件、(1)上空が開けている、(2)強固な地盤(河川敷のような柔らかい地盤ではない)――どちらも満たしており、今後の地震予測と共同研究に有効利用していきます。

東京農大からは國井洋一准教授、関山絢子准教授、JESEAからは取締役会長の村井俊治東京大学名誉教授が協力し、平成29年度から3年間にわたり共同研究を行います。世田谷キャンパス内に設置した電子観測点のデータを使い、人工知能(AI)を利用したより高度な地震予測手法の確立を目指します。

プレスリリースの原文は添付ファイルをご覧ください。

添付ファイル

ページの先頭へ