東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

東京農業大学、ふくしま未来農業協同組合との包括連携協定締結

2018年7月11日

教育・学術

東京農業大学(東京都世田谷区桜1-1-1、学長:髙野克己)は、ふくしま未来農業協同組合(福島県福島市北矢野目字原田東1-1、代表理事組合長:菅野孝志)と包括連携協定を締結しました。

本協定の活動内容は、(1)農畜産業及び関連産業の活性化に向けた連携(2)原発事故からの復興再生に向けた連携(3)環境保全・地域づくりに関する連携(4)教育・研究・文化振興に関する連携(5)キャリア支援に関する連携農畜産業及び関連産業の活性化に向けた連携(2)環境保全・地域づくりに関する連携(3)教育・研究・文化振興に関する連携(4)就職及び就農支援による人材育成に関する連携を主な柱としています。

本学とふくしま未来農業協同組合とは、福島復興支援隊として学生が桃の収穫、わさび試験場での放射性物質の調査などを長年行ってきました。
今後も、復興再生への取組の支援、農業発展にに向けた取り組みを行っていきます。

協定締結式は、2018年7月9日(月)本学の世田谷キャンパス内(アカデミアセンター)で行われ、ふくしま未来農業協同組合からは菅野孝志組合長、安彦慶一代表理事専務、伊藤昌廣代表理事専務らが、東京農業大学からは髙野克己学長、新部副学長らが出席して協定書の締結を取り交わしました。

ページの先頭へ