東京農業大学

メニュー

充実した施設・設備が実学主義の証

研究紹介

食品加工技術センターは、3キャンパスのそれぞれに開設され、各学部の教育目的に沿って利用されています。世田谷キャンパスでは、食品の加工に関わる実践的教育・研究を行う施設として1965年に設立。1998年には施設名を現名称に改称し応用生物科学部の共通施設となりました。厚木キャンパスでは、ハム・ソーセージ等の食肉加工およびチーズ、バター等の乳加工の実習設備を備え、学生の畜産食品製造実習、卒論実験、カレッジ講座の体験実習などに利用されています。オホーツクキャンパスでは、食品製造実習や卒論研究をはじめ、同好会活動や市民参加の実習などに利用。国内の大学としては唯一、ビール・発泡酒の試験醸造装置も設置しています。いずれのキャンパスにおいても、複数の業種で保健所からの営業許可を受けています。

主にこの施設を利用する学科

関連サイト

ページの先頭へ