東京農業大学

メニュー

人間と動植物との共生をめざして

農学部のキーワード

農学は生命(いのち)に触れ、生き物を育てる生産科学の学問であるばかりでなくそこで得られる知識や知恵を利用して、地域レベルから地球規模の環境保全、生活の質の向上やライフスタイルの形成にまで関わることが大きく期待されています。

研究キーワード

食料生産に特化する形ではじまった農学を「農学1.0」とすれば、現在の農学が網羅する分野は大きく広がり、「農学2.0」として展開を始めています。「農学1.0」の中心課題、食料生産技術関連の研究を完全にふまえた上で、たとえば生物機能開発、農業の多面的機能、生物多様性の確保、食農デザインなど、さまざまな新しい重要な課題に取り組んでいきます。
※サスティナビリティ
※レジリアンス
※well-being

教育キーワード

農学を学ぶうえで、ベースとなる基礎学力向上と学びを深めるために必要な関連分野を見渡す力、さまざまな知識の組合せや連携させる力を養うのが農学リテラシーです。農学リテラシーは、アカデミックリテラシー・アカデミックスキルズ・農学全体を見わたす講義(農学俯瞰講義)で構成し、農学部に学ぶすべての学生が、農学部に社会が期待する知識・技術を修得します。

人間力養成キーワード

伝統的に東京農大の学びの中心は研究室です。
研究室活動で培われることは、
・実験計画を立てる「企画力」
・じっくりと研究を続ける「持続力」
・研究結果をまとめる「分析力」
・研究結果を発表する「プレゼン力」
・論文をまとめる「文章力」
・仲間と協同で研究を進める「チームワーク力」と「コミュニケーション力」
研究室で、社会を生き抜く力、知的基礎力を身につけることができるのです。

ページの先頭へ