東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

平成30年度 東京農業大学入学式を挙行しました

2018年4月5日

お知らせ

本学入学式を世田谷キャンパス(4月2日、農学部・応用生物科学部・生命科学部・地域環境科学部・国際食糧情報学部5学部)及び北海道オホーツクキャンパス(4月4日、生物産業学部)において挙行しました。

本学高野克己学長及び海外協定校である英国ハイランズ・アンド・アイランズ大学(UHI)のクリーブ・マルホランド(Clive Mulholland)学長がそれぞれ祝辞を述べられました(祝辞全文掲載)。

高野学長は「農業を支える学問として生まれた『農学』は、すべての人に関わる『生きるを支える』学問。気候変動や食料危機など人類が直面する課題の解決にあたるのも農学で、生命、食料、環境、健康、エネルギー、地域創成など幅広い領域をカバーする東京農大に大きな期待が寄せられている」と農学の役割にふれ、「東京農大生の使命は『人類の幸せのため、倫理観をもって地球に貢献すること』。すべての地球の『生きる』を支えることです。この大きな使命に東京農大精神のもと立ち向かい、努力してください」と呼びかけました。

クリーブ・マルホランド学長は「みなさんの中からUHIで研究する機会を得る学生が出ることを望んでいます。大学での貴重な時間を最大限に有効活用してください」と激励しました。

今年度、東京農大生として3479人が、学生生活をスタートさせました。

ページの先頭へ