東京農業大学

メニュー

ニュースリリース

農友会ボクシング部 森坂嵐さん(国際バイオビジネス学科3年) ボクシングライト級世界選手権出場決定

2017年8月17日

学生活動 クラブ・サークル

「ASBC Asian Confederation Elite Boxing Championships 2017」がウズベキスタン タシュケント市で4月28日から11日間にかけて開催された日本選手団は、役員5人、男子選手6人の合計11人を派遣し、本学より、国際バイオビジネス学科3年森坂嵐さん(=写真真ん中)がライト級代表で出場した。また、コーチとして農友会ボクシング部監督の山本浩二氏が派遣された。

本大会は、9月ドイツで開催される世界選手権大会の予選会となり、アジア地区28ヶ国から202人選手と90人のコーチが参加した。

森坂さんは、リオデジャネイロオリンピック後はじめての海外遠征となり、階級も56㎏バンタム級から60㎏ライト級へ一つ上のクラスに上げての出場となった。

1回戦を勝ち進み、2回戦でアフガニスタンの選手と対戦。1R早々に森坂選手の右ストレートがクリンヒットしダウンを奪い、優勢に試合を運んでいたが、終盤相手選手のヘッド(頭)が顎に直撃し負傷するというアクシデントが起きた。試合には勝利したものの、翌日の準々決勝は、大事をとり棄権した。その2日後、本調子ではなかったが、5位決定戦(BOX OFF)に出場した森坂さんは、インドネシアの選手相手に3-0の判定勝利を収め、世界選手権大会出場を決めた。

試合後のインタビューでは、「怪我をしたときは世界選手権大会に出場できるか不安でした。ベストな状態ではなかったのですが、チームドクターの治療とコーチ軍の采配で5位決定戦で勝利できたことはとても嬉しい。世界選手権大会ではメダルを狙います」と語った。

農友会ボクシング部は、2020年東京オリンピックの強化対策として、優れた人材を育成し、日本スポーツ文化の発展に貢献するため精力的に活動していく。

ページの先頭へ