東京農業大学

メニュー

クラブ・サークル

硬式庭球部(男子・女子)

活動内容

tennis_01.jpg

tennis_02.jpg

私たち硬式庭球部は、ナイター付きオムニコート3面、クレーコート2面がいつでも使える素晴しい環境のなか、男女共に上部昇格を目指し、時に厳しく時に楽しく、日々練習に励んでいます。ほぼ毎日コートにいますので、気軽に遊びに来て下さい。

部の歴史

庭球部の誕生は当時の機関紙「農友」に記載されているように、明治36年(1903年) 11月25日の農友会臨時大会で運動部(庭球部)の設立が提案されたが否定され、一年後の明治37年(1904年)11月25日の大会で再度提案され、運動部即ち庭球部として認められ設立された。明治38年4月30日には自前のコートで開庭式が挙行され、10月には公式戦として初めて青山学院と対抗試合が行われている。

大正4年4月1日に農友会各部に部長をおくこととなり、庭球部の初代部長には、岡崎慶朗先生(学生部長)がなられた。東京の有名大学の殆どは、大正9年には「硬球」が採用され、本学は、他校より一年遅れた大正10年に「硬球が採用されている」。

女子部は昭和32年5月26日に学芸大学との対抗戦が最初で、スタートしている。

主な戦績、試合結果

2018年 男子・関東大学テニスリーグ4部1位(3部昇格)
女子・関東大学テニスリーグ3部6位(4部降格)

活動方針

集団学習と競技成績の向上の文武両道を基本方針におき、
テニスを通して心身の鍛練と意識の高揚を目指し、部員相互の連携を密にし、他大学との交流を図りながら、テニスの競技成績の向上をはかることを目的としている。

所属団体・指導体制・主将

所属団体 関東学生テニス連盟、関東大学テニスリーグ
指導体制部 長 樫村 修生
監 督 鈴木 健一
コーチ 川井 収、川本 晃久、山本 優貴、村上 孝志
主将 男子主将・前田 大輝
女子主将・林 和

部費・部員数・活動場所

部費 月1,000円
部員数 男:19人、女:6人
活動場所 練習場所 砂入り人工芝子3面(うち,夜間照明2面)

ページの先頭へ