東京農業大学

メニュー

クラブ・サークル

活動内容

私たち農友会ラグビー部は、創部90年を超える伝統のある部です。現在は関東大学リーグ戦全6部中の3部に所属しており、練習は世田谷キャンパスの人工芝グラウンドとトレーニングルームで週6日行い、学業と部活の両立を4年間の柱とし、将来,社会に貢献できる人になれるよう日々励んでいます。
今年こそは、2部昇格を達成するために、チーム一丸となって努力しています。ラグビー部は、初心者から花園出場経験者まで幅広い選手が在籍し、学生が自ら考え、意見を出し、毎日真剣に取り組んでいます。東京農大でしか味わえない充実したキャンパスライフを一緒に過ごしましょう!

部の歴史

農友会ラグビー部は、大正14(1925)年に創部され、創部94周年を迎えました。
昭和40年代中盤までは、全国地区対抗グループにおいて、関東地区で例年優勝を争っていた。その後主戦場を関東大学ラグビーフットボール連盟(リーグ戦グループ)におき、2部において優勝4回、入替戦出場枠は2位までのため、約10回の入替戦に挑戦するも1部の壁を破ったのは、平成元年度の1回のみである。しかし、残念ながら他の1部校との選手層(部員数)の違いは圧倒的であり、健闘するも翌年僅差で2部に降格した。
平成9年度から現在に至るまで全6部中の3部に位置している。
また、平成18年から春季に関東理工系大学リーグにも参戦し、平成27年度は6回目の優勝、準優勝も4回の結果を残している。
オリンピック正式種目となった7人制ラグビーも得意とし、平成25年関東大学ラグビー連盟セブンス大会において、5年ぶりにブロック優勝した。

活動方針

授業出席を最優先し、学業とスポーツの両立を4年間の柱としますが、バランスの取れた社会人を目指すため、個々人の経済的必要性に応じてアルバイトを認める等、一人ひとりに柔軟な指導を行います。
世田谷キャンパスだけではなく、厚木キャンパスの学生も多数在籍しています。

指導体制・主将・部員

所属団体 関東大学ラグビーフットボール連盟
指導体制 部 長   門倉 利守 (東京農業大学教授)
スタッフ  小野崎 慧 (学校法人東京農業大学 事務職員)
       武田 総一朗(学校法人東京農業大学 事務職員)
       倉田 康治 (学校法人東京農業大学 事務職員)
主将・部員 船木 大夢(生産環境工学科)

部費・部員数・活動場所

部費 年60,000円
部員数 54名
活動場所 部 室   常磐松会館本館3階
練習場所  世田谷キャンパスグラウンド

ページの先頭へ