東京農業大学

メニュー

クラブ・サークル

活動内容

新入生の皆さん、御入学おめでとうございます。我々農友会卓球部は、関東学生卓球連盟に所属しています。
現在、関東学生リーグにおいて男女共に4部に位置しており、3部昇格、3部上位を目指し、日々練習に励んでいます。
大学から卓球を初めた部員もいますので、色々なレベルの人が一緒に練習しています。
経験者はもちろん、未経験者でも、興味があったら気軽に部室に足を運んでみて下さい!

table-tennis_01.jpg

table-tennis_02.jpg

東京農業大学卓球部公式アカウント

主な戦績、試合結果

2019年度関東学生卓球春季リーグ戦男子4部Bブロック1位


活動方針

部の古い記録(部の発足から昭和18年迄についてキャプテン日誌という名称の記録書があります)によれば明治37年に「娯楽部ピンポンクラブ」として本学の学友会に認可された事をもって本学卓球部の創立となります(ピンポンの日本渡来は明治34~5年頃の由)。
リーグ戦形式の始まりは、大正の初期、本学の呼びかけで宗教大(現大正大)、東京歯科の3校間で春秋2回の巴戦が行われ、後に東京美術(現芸大)、立教、東京医科の3校を加え、6校によるリーグ戦となり、これが現在の関東学連リーグ戦の始祖になったといわれます。

さて本学の戦績をみますと、明治から大正にかけて、本学は学生大会や東西対抗、実学対抗大会等に、常に選手を出して、活躍していましたが、大正12年から始まった第1回と翌13年の第2回全日本選手権大会にOBの鈴木貞雄(大正9年高等科卒)が連続優勝しました。又大正14年の第1回全国学生大会には団体、個人[個人は秋山利恭(大正15年本科卒)]共に本学が制覇しています。昭和に入っては、昭和3年に青木定雄(改名義昌・昭和3年学部卒)が全日本選手権を制し、その後、昭和4年から6年にかけ中島正郎(昭和6年専農卒)が全関東、全日本学生、全日本選手権、と正に総舐めの制覇をしている。

指導体制・主将・部員

所属団体 関東学生卓球連盟
指導体制 部 長 矢部和弘  
監 督 大恵朋彦  
コーチ 伊藤 崇
主将吉川遼

部費・部員数・活動日・活動場所

部費 0円
部員数 21名(男子 15名,女子 6名)
活動日 火、水、木、土、日曜日(週5日)
活動場所 常磐松会館道場3階 卓球場

ページの先頭へ