東京農業大学

メニュー

クラブ・サークル

アジア・アフリカ研究会

会の紹介

アジア・アフリカ研究会は50年以上続くサークルで実学主義をもとに国内実習や海外実習、収穫祭の文展発表など他にも様々な活動をしています。国内実習は歴史が長いサークルを生かしてOBOGの方々のもとで実習させてもらっています。春には鹿児島、夏には岩手で野菜、果樹、畜産など幅広い実習をしています。海外実習は年に一度サークル内で有志を募り、一から計画して実際に海外へ行き様々な実習をしています。(私たちはこれを派遣隊と呼んでいます。)昨年はフィリピン、一昨年はケニア、その前はインドへ渡航しました。収穫祭では文展発表に向け毎年テーマを決めて文展を作り上げています。私たちは主に長期休みなどを利用した実習・合宿が多いのですが、日常的な活動として週に一度ミーティングを設け、会員同士で意見を交換しています。サークル名にアジア・アフリカと入っているように発展途上国や国際協力に興味のある会員が多いのですが、他にも農作業が好きでサークル活動に参加している会員もいて、会員それぞれが違った目標をもって活動しています。「緑の家」や「海外移住研究部」、「農村調査部」など農業関連団体との交流もあるのでたくさんの人とコミュニケーションをとることができます。アジア・アフリカ研究会は四年間の大学生活を充実させることができるサークルです。

年間活動

4月 新入生勧誘活動
5月 春合宿(鹿児島県)、新入生歓迎合宿
6月 新入生歓迎会
8月 夏合宿(岩手県)
9月 海外派遣隊(海外実習)
11月 収穫祭、OB・OG会、代替え
12月 総括
1月 慰労会
2月 春合宿打ち合わせ(鹿児島)、追いコン
3月 夏合宿打ち合わせ(岩手)
他にも様々な実習や農業関連団体との交流も行っています。また、これ以外に週に一回のミーティングをしています。

ページの先頭へ