東京農業大学

メニュー

進化する東京農大

教員・職員公募案内

現在、下記の教員・職員を募集しています。

応用生物科学部

醸造科学科 醸造微生物学研究室 助教1名

所属 応用生物科学部 醸造科学科 醸造微生物学研究室
職名・募集人員 助教 1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。本学は65才定年制となっている。
専門分野 醸造微生物学、酵母分類学、酒類醸造学、分子生物学
研究室は、清酒酵母、乳酸菌など醸造微生物の生理・生態・遺伝子解析などによる分類学的検討、醸造プロセスの構造、機能の解明とその利用による新規酒類の開発、醸造酵母の生理機構の解明による醸造物生産性の効率化と育種等に関連する醸造微生物学、酵母分類学、醸造学、分子生物学を専門分野としている。
担当授業科目 微生物細胞学、微生物生理学、微生物学実験、その他演習・実習科目、卒業論文等
応募資格
  1. 微生物分類学の素養に長け、同分野における博士の学位を有する方
  2. 微生物分類学、酵母分類学における分子系統学・化学分類学、酵母を主対象とした微生物細胞学・生理学・酒類醸造学の専門分野に関する研究実積を持ち、研究室における酵母分類学を継承して醸造業の発展に貢献できるよう、これらの分野の教育・研究に意欲的に取り組める方
  3. 学部学生対象の微生物細胞学、微生物生理学、微生物学実験、その他演習・実習科目、卒業論文を担当できる方
  4. 本学および本学部、本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  5. 高い倫理観と熱意と責任を持って学生教育、研究に取り組むとともに、組織運営に柔軟かつ積極的に取り組める方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の様式に限る(縦4cm×横3cmの写真貼付))
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の様式に限る。)
    ページ下部にあるリンク「教員の個人調書及び教育研究業績書の記入について」を参照してください。
  3. 研究論文、著書の別刷りまたはコピー(主要論文10編以内)
  4. これまでの研究の概要、今後の研究・大学教育に関する考え方と抱負(A4用紙で2000字程度)
  5. 応募者の研究、人物に関する所見を求めることのできる方2名からの推薦書

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 令和2年8月17日(月)必着

※応募書類はページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードして記入・押印後、「教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ簡易書留でお送り下さい。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

採用予定日 令和3年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 面接・プレゼンテーション(日・時は後日連絡します)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学応用生物科学部
醸造科学科 学科長 藤本 尚志
TEL:03-5477-2386
E-mail:nfujimo@nodai.ac.jp
(問い合わせはできるだけメールでお願いします。)
その他 学科内容の詳細については本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp)を参照してください。

醸造科学科 調味食品科学研究室 助教1名

所属 応用生物科学部 醸造科学科 調味食品科学研究室
職名・募集人員 助教 1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。本学は65才定年制となっている。
専門分野 調味食品科学、応用微生物学、調味食品製造学
研究室は、発酵調味料を研究題材とし、製造・保存に関連する微生物・酵素・各種の味覚成分・機能性成分などに関する基礎的研究、製造法の改良や味覚受容機構の解明などの応用的研究を行っています。
担当授業科目 醤油醸造学、調味料生産学実験、その他演習・実習科目、卒業論文等
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 発酵調味料または微生物を利用した食品の製造、成分、および関連微生物の分野に関する研究実積を持ち、この分野の教育・研究に意欲的に取り組める方
  3. 学部学生対象の醤油醸造学、調味料生産学実験、その他演習・実習科目、卒業論文を担当できる方
  4. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、学生教育、研究、学科運営に熱意をもって取り組んでいただける方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の様式に限る(縦4cm×横3cmの写真貼付))
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の様式に限る。)
    ページ下部にあるリンク「教員の個人調書及び教育研究業績書の記入について」を参照してください。
  3. 研究論文、著書の別刷りまたはコピー(主要論文10編以内)
  4. これまでの研究の概要、今後の研究・大学教育に関する考え方と抱負(A4用紙で2000字程度)
  5. 応募者の研究、人物に関する所見を求めることのできる方2名からの推薦書

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 令和2年8月17日(月)必着

※応募書類はページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードして記入・押印後、「教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ簡易書留でお送り下さい。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

採用予定日 令和3年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 面接・プレゼンテーション(日・時は後日連絡します)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学応用生物科学部
醸造科学科 学科長 藤本 尚志
TEL:03-5477-2386
E-mail:nfujimo@nodai.ac.jp
(問い合わせはできるだけメールでお願いします。)
その他 学科内容の詳細については本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp)を参照してください。

醸造科学科 醸造環境科学研究室 助教1名

所属 応用生物科学部 醸造科学科 醸造環境科学研究室
職名・募集人員 助教 1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。本学は65才定年制となっている。
専門分野 環境科学、環境保全学、環境微生物学
研究室は、醸造・食品工業から排出される排水・廃棄物の微生物による処理および燃料生産、廃棄物処理過程や水道水源における微生物相解析および新規有用微生物の単離に関連する環境科学、環境保全学、環境微生物学等を専門分野としています。
担当授業科目 環境保全技術論、醸造環境学実験、環境科学、その他演習・実習科目、卒業論文等
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 排水・廃棄物の生物処理、微生物を利用した環境浄化、微生物を活用した燃料生産の専門分野に関する研究実積を持ち、この分野の教育・研究に意欲的に取り組める方
  3. 学部学生対象の環境保全技術論、醸造環境学実験、環境科学、その他演習・実習科目、卒業論文を担当できる方
  4. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、学生教育、研究、学科運営に熱意をもって取り組んでいただける方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)
    ページ下部にあるリンク「教員の個人調書及び教育研究業績書の記入について」を参照してください。
  3. 研究論文、著書の別刷りまたはコピー(主要論文10編以内)
  4. これまでの研究の概要、今後の研究・大学教育に関する考え方と抱負(A4用紙で2000字程度)
  5. 応募者の研究、人物に関する所見を求めることのできる方2名からの推薦書

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 令和2年8月17日(月)必着

※応募書類はページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードして記入・押印後、「教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ簡易書留でお送り下さい。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

採用予定日 令和3年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 面接・プレゼンテーション(日・時は後日連絡します)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学応用生物科学部
醸造科学科 学科長 藤本 尚志
TEL:03-5477-2386
E-mail:nfujimo@nodai.ac.jp
(問い合わせはできるだけメールでお願いします。)
その他 学科内容の詳細については本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp)を参照してください。

生命科学部

分子生命化学科 天然物化学研究室 助教(任期制)1名

所属 生命科学部分子生命化学科天然物化学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)1名
専門分野 天然物化学、ケミカルバイオロジー、農薬化学・毒理学
担当授業科目 フレッシュマンセミナー、共通演習、天然物化学実験、天然物化学、分子生命化学演習、分子生命化学実験、分子生命化学プレゼンテーション法(一)および(二)、分子生命化学論文購読(一)および(二)、卒業論文
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 本学の教育理念やカルチャーに深い理解を示し、有機化学と分子生物学を融合させたアプローチを核とする教育・研究に意欲を持ち、所属研究室の教員と協力して教育活動ならびに研究課題に取り組める方
  3. 上記授業科目を担当する意欲のある方
  4. 熱意を持って学生教育ならびに組織運営業務に取り組むことのできる方
  5. 世田谷キャンパスに通勤可能な方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 採用後の教育および研究に関する抱負(1,000文字以内)

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 2020年7月2日(木)必着

※「天然物化学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください(選考後は責任を持って廃棄いたします)。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。日時は後日連絡します。交通費は自己負担となります。)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学生命科学部事務室
生命科学部事務室長 大澤 久 seimei@nodai.ac.jp
(問い合わせは書面またはE-mailによること)

分子生命化学科 分子設計学研究室 助教(任期制)1名

所属 生命科学部分子生命化学科分子設計学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)1名
専門分野 有機化学、計算化学、糖化学
担当授業科目 フレッシュマンセミナー、共通演習、基礎及び有機化学実験、物理化学(一)、分子生命化学演習、分子生命化学実験、分子生命化学プレゼンテーション法(一)および(二)、分子生命化学論文購読(一)および(二)、卒業論文
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 伝統的な有機合成化学を基盤とした知識と経験に加え、計算化学をはじめとする最新の化学的動向を俯瞰可能な方(糖化学にも造詣があることが望ましい)
  3. 本学の教育理念に深い理解を示し、所属研究室の教員と協力して教育研究活動に取り組める方
  4. 上記授業科目を担当する意欲のある方
  5. 熱意を持って学生教育ならびに組織運営業務に取り組むことのできる方
  6. 世田谷キャンパスに通勤可能な方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 採用後の教育および研究に関する抱負(1,000文字以内)

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 2020年7月2日(木)必着

※「分子設計学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください(選考後は責任を持って廃棄いたします)。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。日時は後日連絡します。交通費は自己負担となります。)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学生命科学部事務室
生命科学部事務室長 大澤 久 seimei@nodai.ac.jp
(問い合わせは書面またはE-mailによること)

分子生命化学科 分析化学研究室 助教(任期制)1名

所属 生命科学部分子生命化学科分析化学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)1名
専門分野 分析化学、無機化学、生物無機化学
担当授業科目 フレッシュマンセミナー、共通演習、無機化学(一)および(二)、生物無機化学、無機及び分析化学実験、分子生命化学演習、分子生命化学実験、分子生命化学プレゼンテーション法(一)および(二)、分子生命化学論文購読(一)および(二)、卒業論文
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 上記専門分野を基盤とし、農学・生命科学分野に応用できる方
  3. 本学の教育理念に深い理解を示し、所属研究室の教員と協力して教育研究活動に取り組める方
  4. 上記授業科目を担当する意欲のある方
  5. 熱意を持って学生教育ならびに組織運営業務に取り組むことのできる方
  6. 世田谷キャンパスに通勤可能な方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 採用後の教育および研究に関する抱負(1,000文字以内)

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 2020年7月2日(木)必着

※「分析化学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください(選考後は責任を持って廃棄いたします)。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類選考
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。日時は後日連絡します。交通費は自己負担となります。)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学生命科学部事務室
生命科学部事務室長 大澤 久 seimei@nodai.ac.jp
(問い合わせは書面またはE-mailによること)

地域環境科学部

地域創成科学科 地域デザイン学研究室 教授(任期制)1名

所属 地域環境科学部 地域創成科学科 地域デザイン学研究室
職名・募集人員 教授(任期制) 1名
  • ※任期は5年とする。採用後の4年間の教育・研究活動を評価し、適格と判断された場合は、専任教員とする。
専門分野 地域マネジメント分野(地域デザイン学・地域環境政策学・農村都市交流論・環境教育学)

地域創成科学科では、教育研究の専門分野を「自然再生分野」、「地域マネジメント分野」の2つで構成しています。今回の募集は、この内「地域マネジメント分野」において、地域環境政策や地域計画あるいは環境教育等に関する地域デザイン学を中心に基礎から応用までの幅広い領域で研究及び教育に携わり、学科の将来を担う人材を求めるものです。
担当授業科目 ■学 部:農村都市交流論、地域環境政策学、地域交流実習、地域創成総合実習、専攻実習・演習、卒業論文(論文制作)、フレッシュマンセミナーなど
■大学院:「専任担当科目」 地域デザイン学特論Ⅰ・Ⅱ、地域創成科学特別演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、地域創成科学特別実験Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
「分担科目」 環境教育法、地域経営政策論
応募資格
  1. 上記専門分野に関する優れた業績を持ち、博士の学位を有する方(50歳以上であること)
  2. 大学院博士前期課程および博士後期課程の教育・研究指導を担当できる方
  3. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  4. 熱意を持って学生教育、組織運営業務にとりくみ、異分野への研究にも柔軟に対応できる方
  5. 協調性が豊かで、現職の教員と協力して実践的な教育・研究に当たることができる方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真貼付)
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)
  3. 最近5カ年間の筆頭あるいはコレスポンディングとなっている原著論文すべて、および全期間の代表的論文3編以内
  4. これまでの研究・教育概要と本学赴任後の教育研究に関する考え方と抱負(2000字程度)
  5. 採用後の研究および教育に対する抱負(1,000字程度、様式不問)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)

※提出いただいた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。
※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「地域デザイン学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。
※送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

応募締切日 2020年7月31日(金)必着
採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 プレゼンテ-ションおよび面接

※面接の日時は後日連絡します。面接の際の交通費は自己負担となります。
※選考結果は、直接本人に通知します。

応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科
学科長 鈴木伸一
TEL:03-5477-2470  E-mail:s6suzuki@nodai.ac.jp
(問い合わせは書面またはE-mailによること)
その他 応募書類の封筒には「教員応募」と朱書きし、簡易書留で送付して下さい。

国際食料情報学部

食料環境経済学科 助教・准教授(企業経営論・食品マーケティング論)1名

所属 国際食料情報学部 食料環境経済学科 食料経済研究室
職名・募集人員 助教または准教授 1名
  • 任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 食料経済学
担当授業科目 「企業経営論」、「食品マーケティング論」、各学年の演習・実習科目および関連科目
応募資格

下記1、2のすべてにあてはまる方

  1. 博士の学位を有する方(2020年9月までに取得見込みの方を含む)
  2. 高い倫理観を持って学科を中心とする大学の教育・研究業務や運営業務に取り組む意欲のある方。
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の様式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)
    ※個人調書の電話番号欄にE-mailアドレスもご記入下さい。
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の様式に限る)
  3. 学術論文およびその他の業績の別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究・教育概要と本学赴任後の教育研究に関する考え方と抱負(2,000字程度)
  5. 応募者の研究・人物に関する所見を求められる方2名の氏名、所属、連絡先
  6. 「企業経営論」および「食品マーケティング論」の授業計画(授業のねらい、到達目標、15回の授業内容、予習復習の指示、使用テキスト・参考文献を含むシラバス、書式自由)

※提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。

応募締切日 2020年 6 月30日(火)必着

※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「企業経営論教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。海外からの郵送は、EMS便の利用も可とします。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接
  3. 三次選考 書類審査、面接

※面接の日時は後日連絡します。
※選考結果は、直接本人に通知します。

応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科
学科長 高柳 長直
E-mail:keizai21@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いします)

国際食農科学科 植物生産学研究室 助教または准教授(任期制)1名

所属 国際食料情報学部 国際食農科学科 植物生産学研究室 
職名・募集人員 助教または准教授(任期制)1名
  • 任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 栽培学、野菜園芸学
担当授業科目 植物生産・生理学、栽培学、野菜学、Ecology and Food Production(英語)、基礎実験、基礎/専門実習、ファームステイ、フィールドスタディー、演習、卒業論文など
応募資格

下記1~6のすべてにあてはまる方

  1. 博士の学位を有する方(2020年9月までに取得見込みの方を含む)
  2. 高い専門的知識と研究スキルを持ちつつ、食と農の関係について探求しようとする方
  3. 作物の栽培・管理が好きな方
  4. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  5. 熱意を持って学生の教育、組織運営業務にとりくみ、研究遂行できる方
  6. コミュニケーション能力が高く、且つ留学生の教育に積極的である方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 学術論文およびその他の業績の著書、別刷りまたはコピー(主要論文5編以内)
  4. これまでの研究と着任後の研究の方向性(2,000字程度、様式不問)
  5. これまでの教育にかかわる経験と着任後の学生教育に対する抱負(1,000字程度、様式不問)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください(様式不問)

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。なお、応募書類は責任を持って処分いたしますので著書および博士論文以外は原則として返却しません。

応募締切日 2020年8月31日(月)必着

※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「植物生産学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。)
    ※面接の日時は後日連絡します。
    ※選考結果は、直接本人に通知します。面接の際の交通費は自己負担となります。
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科
学科長 稲泉博己
E-mail:inaizumi@nodai.ac.jp
(問い合わせはE-mailでお願いいたします。)

国際農業開発学科 農業環境科学研究室 助教(任期制)1名

所属 国際食料情報学部国際農業開発学科農業環境科学研究室
職名・募集人員 助教(任期制)1名
※任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 熱帯農業環境分野
担当授業科目 熱帯植物生態学、農業環境科学総論、熱帯土壌学、熱帯農業入門、食料生産環境学、Comparative Food Production Technologies(英語による講義)、農学基礎実験、農学専門実験、農業総合実習、農業専門実習、農業開発実習、海外農業実習、卒業論文演習(一、二、三、四)、卒業論文
応募資格
  1. 熱帯・亜熱帯地域の食料生産環境と植物生態に関する基礎知識と研究経験を有し、かつ、上記担当科目について、単独あるいはオムニバス形式で教育・講義できる者。
  2. 土壌・植物・水試料の各種分析手法に精通し、IR-MS、GC-MS、HPLCなどを用いた実験を実施・指導できる者。
  3. アジア・アフリカ・中南米・中東などの熱帯諸国における食料生産性向上に対し強い熱意を有する者。
  4. 博士の学位を有する方(もしくは2021年3月までに取得見込みの方)。
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の様式に限る。縦4cm×横3cm 写真貼付)
    ※個人調書の電話番号欄にE-mailアドレスもご記入下さい。
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 2に記載した論文・著書・学位論文(別刷りまたはコピー;博士の学位取得見込み者は学位論文の草稿)
  4. これまでの研究・教育概要および今後の研究と教育に関する抱負(それぞれ1,000字程度)
  5. 応募者の研究・人物に関する所見をもとめられる方2名の氏名、所属、連絡先。

※提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。
※応募書類は書留で郵送し、「国際農業開発学科教員募集書類」と朱書して下さい。提出書類は採用試験後に責任を持って処分しますが、提出書類の返却を希望する方は返信用封筒を同封して下さい。

応募締切日 2020年7月10日(金)必着
採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考:書類審査(一次選考合格者には文書で連絡いたします)
  2. 二次選考:研究および教育に関するプレゼンテーションと 面接(形式と日時は後日連絡いたします)
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学国際食料情報学部
国際農業開発学科長 高根務 宛
E-mail: t3takane@nodai.ac.jp
その他 学科内容の詳細については、本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp)を参照して下さい。

食料環境経済学科 非常勤講師 1名

所属 国際食料情報学部食料環境経済学科
職名・募集人員 非常勤講師 1名
専門分野 行政学
担当授業科目 行政学
※当該科目は食料環境経済学科2年次生後学期開講科目で、教職高校公民科・中学社会科の選択科目となっております。
※後学期は10月1日から翌年3月31日まで(ただし、授業開始は9月23日)で、1回90分の授業15回及び定期試験、成績相談を行っていただきます。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響のため、遠隔授業の可能性もあります。
※出校曜日・時限については、相談のうえ決めます。
応募資格
  1. 修士以上の学位を有する者で行政学に関する知識と関連業績を有し、講義が担当できる者。
  2. 教育に十分な能力と関心及び熱意があり、協調性がある者。
  3. 大学学部レベルでの教歴を有する者(非常勤講師を含む)が望ましい。
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の様式に限る)※
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の様式に限る)※
    ※(1)個人調書、(2)教育研究業績書の書式は、必ず本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp ホーム→大学紹介→「教員・職員公募案内」)からダウンロードし、「教員の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印ください。
    個人調書「電話番号」の記入欄左側の空きスペースにEメールアドレスを記入してください。 (1)、(2)の書類は1部印刷の上、送付してください。
  3. 写真 (4×3cm)
  4. 行政学のシラバス (様式自由)
    半期1回90分×15回分のシラバスを作成してください。なお、教科書または参考図書を2冊以上あげてください。 本学のシラバスを参考にしてください。
    本学ホームページ「シラバス閲覧 学部」http://syllabus.nodai.ac.jp/portalv3_p/top.do

※応募書類は「行政学非常勤講師応募書類」と朱書きの上、簡易書留等で下記宛てにご送付ください。
※提出書類の返却は原則としていたしません。
※提出書類に含まれる個人情報は、選考及び採用以外の目的に使用いたしません。

応募締切日 2020年6月25日(木) 当日必着
二次審査は面接(6月29日(月)または6月30日(火)にオンライン面接の予定)を実施します。
採用予定日 2020年9日23日(水)
選考方法 一次審査として書類審査を行い、二次審査は面接(7月3日(金)にオンライン面接の予定)を実施します。二次審査の実施については当方より連絡し、時間は調整させていただきます。
なお、書類作成送付などの選考に関わる経費は自己負担ください。
応募書類送付および問い合せ先 〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
東京農業大学国際食料情報学部
食料環境経済学科 学科長 高柳長直 宛
E-mail: keizai21@nodai.ac.jp
(問い合わせはEメールにてお願いします。)
その他 (1)本学の非常勤講師の定年は70歳です。
(2)学科内容の詳細については本学ホームページ(http://www.nodai.ac.jp/ ホーム→学部・大学院→国際食料情報学部)を参照してください。

生物産業学部

食香粧化学科 香りの化学研究室 助教または准教授(任期制)1名

所属 生物産業学部 食香粧化学科 香りの化学研究室
職名・募集人員 助教または准教授(任期制)1名
  • 任期は5年とし、採用後4年間の教育・研究活動を評価して、適格と判断された場合、6年目から専任教員として採用される。
専門分野 有機化学、分析化学、構造解析、分子認識化学、天然物化学
担当授業科目 化学、有機化学、有機化学実験、分析化学、分析化学実験、生物有機化学、香料化学、食香粧化学概論、機器分析学、実験、卒業論文、科学英語など
応募資格
  1. 博士の学位を有する方
  2. 天然物、特に香気や風味物質を中心として、その機能性、分子認識等、またそれら重要物質の構造解明、作用機構等を含めて研究を行っていく意欲のある方。
  3. 上記授業科目を担当する意欲のある方。
  4. 本学部および本学科の「教育研究上の目的」、「教育目標」および「3つの方針」を十分に理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている方
  5. 熱意を持って学生教育、組織運営業務にとりくみ、異分野への研究にも柔軟に対応できる方
  6. 網走市およびその近隣に在住可能な方
提出書類
  1. 個人調書(東京農業大学の書式に限る。縦4cm×横3cmの写真添付)*
  2. 教育研究業績書(東京農業大学の書式に限る)*
    *1. 個人調書 2. 教育研究業績書の書式は、必ずページ下部にあるリンク「個人調書及び教育研究業績書」をダウンロードし、「教育の個人調書及び教育研究業績書の記入について」にしたがい記載・捺印してください。
  3. 最近5年間の筆頭あるいはコレスポンディングとなっている原著論文全て、および全期間の代表的論文3編以内
  4. これまでの研究・教育活動の概要(2,000字程度、様式不問)
  5. 採用後の研究および教育に対する抱負(1,000字程度、様式不問)
  6. 応募者の研究・人物について照会できる方(2名)の氏名、所属、連絡先
  7. その他、特記すべき事項がありましたら記載してください。(様式不問)

※提出して頂いた書類に含まれる個人情報は、選考以外の目的には使用いたしません。

応募締切日 2020年8月31日(月)必着

※応募書類はページ下部にあるリンクからダウンロードして記入・押印後、「香りの化学研究室教員応募書類在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留でお送りください。なお、送付いただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。

採用予定日 2021年4月1日
選考方法
  1. 一次選考 書類審査
  2. 二次選考 面接(プレゼンテーションを含む。日時は後日連絡します。交通費は自己負担となります。)
応募書類送付および問い合せ先 〒099-2493 北海道網走市八坂196
東京農業大学 生物産業学部 食香粧化学科
学科長 山﨑雅夫 m-yamaza@nodai.ac.jp
(問い合わせは書面またはE-mailによること)

ページの先頭へ