東京農業大学

メニュー

Nodai Mind

Nodai Mind

環境の話になると大人はどうして、もっともらしい顔をするのだろう。 本当を言うと、その問題はよく知らない。 そんな大人たちが、とても多いということなのだ。 環境を語れる人材が、今、圧倒的に少ない。人類の未来に、「環境学生」 が求められています。

ふやす人。「環境学生」

何を捨てて、何を残すのか。その先に「ふやす」があります。
エコロジーもそうですが、これからの地球に必要なものをしっかりと見極める目と行動が大切です。
やさしい気持ちをもって、いっしょに、環境のこと、人類の未来のこと、考えましょう、行動していきましょう。そんな「環境学生」 を「ふやし」ていきたい。

ふやす人。「環境学生」

へらす人。「環境学生」

便利であることをべースになんでもかんでも増やしてきました。
しかし、一度覚えた便利さは、なかなか捨てられません。
でも、ここで勇気をもって「へらす」ことを真剣に考え、行動することが大切です。
やさしい気持ちをもって、いっしょに、環境のこと、人類の未来のこと、考えましょう、行動していきましょう。

へらす人。「環境学生」

すくう人。「環境学生」

暮らしの便利と引きかえに私たちのまわりから消えていく自然。
でも土や緑、それらが作るきれいな水や空気は、あなたの生命そのものを包み、支えているのです。
その力を今、人が急速に蝕んでいる現実にどう立ち向かえばいいのでしょうか。
ヒントは、このひとすくいの土にもいっぱい詰まっています。

すくう人。「環境学生」

東京農業大学は、生命を包むすべてに取り組む「環境学生」を育てる大学です。


ページの先頭へ