東京農業大学

メニュー

日本の農業・食品産業の可能性をグローバルな視点から学ぶ

2021年度実践総合農学会 優秀研究発表賞【学生部門】表彰を受賞|国際バイオビジネス学科 4年 野島 規晃さん

2021年12月23日

 国際バイオビジネス学科 4年 野島 規晃さんが2021年度実践総合農学会 優秀研究発表賞【学生部門】表彰を受賞しました。

受賞情報

学会名 :2021年度実践総合農学会(厚木大会)
学会開催日 :2021年11月13日(土) 
受賞名 :
都市地域における伝統野菜の生産、販売の現状と生産拡大に向けた課題-江戸東京野菜の練馬大根を対象として-、優秀研究発表賞【学生部門】
受賞者 :
野島 規晃(国際バイオビジネス学科4年)、共同研究者 山田 崇裕(同学 科経営組織研究室准教授)
研 究 概 要:都市農業振興や地域固有の農的文化・伝統農法の継承を担う東京都発祥の伝統野菜として江戸東京野菜が注目されています。本研究では、江戸東京野菜の練馬大根に着目し、その生産・販売の現状とブランド化を見据えた生産拡大にかかる諸課題を、消費者アンケート調査ならびに練馬区・区内生産者を対象としたヒアリング調査に基づき、定量的かつ定性的に解明を試みました。

実践総合農学会受賞②.jpg

実践総合農学会受賞①.jpg

ページの先頭へ

受験生の方