東京農業大学

メニュー

栽培技術から流通網まで、最新テクノロジーで「農」を変革

調和ある生産環境の創出による病害発生の制御

 自然環境や農業生産現場に生育する植物の周辺には、様々な機能を持つ多数の微生物が生息し、植物の生育阻害要因となることもあれば、生育促進効果や病害虫への耐性付与など、有用な機能を発揮することも知られている。当研究室ではPlant Rescueを合い言葉に、これら多様な性質を持つ微生物の検出・同定・分類、その生理・生態・機能や遺伝的多様性の解明を行い、周辺環境と調和した病害発生の少ない生産環境の創出を目指している。さらに、これら微生物だけにとどまらず未利用な生物資源の持つ新たな機能の発見に努め、広く人間生活全般への活用を企図して研究を進めている。

「植物病理学研究室」の独自サイトはこちら

所属教員

岩波 徹 教授

研究テーマ
植物病原の分類・同定および検出、植物病害の診断
先端技術を駆使した次世代病害防除技術の開発

研究実績(English) | 担当授業科目

篠原 弘亮 教授

研究テーマ
植物に生息する微生物と生物防除に関する研究

研究実績 (English) | 担当授業科目 | メディア情報

キム オッキョン 助教

研究テーマ
植物ウイルスの同定と性状解明および多様性解析

研究実績 (English) | 担当授業科目

ページの先頭へ

受験生の方