農生命科学研究所 Research Institute for Agricultural and Life Sciences

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

「Rを活用した食・農データサイエンス実践講座」

開催日:2022年11月17日 / 発行日:2022年10月21日

お知らせ

 近年、様々な分野でデータサイエンスの活用が重要となっており、食農分野の研究開発においても注目されています。食・農データサイエンス部会では、食品や農産物の測定データ、呈味官能データ、化学構造情報、食品品質管理などに焦点をあて、実データをRプログラムにより知識発見を行う、「食・農データサイエンス」推進を目指して活動しています。

 この度は、Rプログラムを使う実践講座を企画しました。実際にパソコンでRプログラムを組み、動作させる講座です。これから始めたい方、もっとRプログラムを使いこなしたい方など、興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。

主 催 :東京農業大学 総合研究所研究会 食・農データサイエンス部会
協 力 :東京農業大学 総合研究所研究会 稲・コメ・ごはん部会
日 時 :2022年11月17日(木)・18日(金) 10:00―16:30
会 場 :東京農業大学 世田谷キャンパス 農大サイエンスポート8F Air Bridge
     アクセスマップ https://www.nodai.ac.jp/campus/map/
                               
定 員 :会場40名、オンライン100名(どちらも先着順)
開催方式:ハイブリッド(会場/オンライン)
     ※会員(部会を含む総研研究会会員)・学生は会場/オンライン参加のどちらでもお申込みできます。
      非会員(一般)は、会場参加のみ申込みを受け付けます。
参 加 費:会員(部会を含む総研研究会会員)・学生 無料
     非会員(一般) 5,000円(振込先は三井住友銀行となります)

【プログラム】
~R を活用した解析プログラムの基礎から適用事例まで~
<1日目(11月17日)>
1.食農データサイエンスとは?!
2.Rプログラミング基礎
3.統計検定1: 連続分布による統計学実習:離散分布による統計学
4.多変量データの視覚化:PCA、Three Way Component Analysis、視覚化法
<2日目(11月18日)>
5.食品分析と統計学:外れ値の理解など
6.食品栄養成分表からのマイニング:機械学習
7.お米の機械学習
8.棒茶のR解析

申し込みはこちら
〇会員(部会を含む総研研究会会員)・学生
 申込URL(会場/オンライン)
 https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_JS_hCPcDSA62bweB3v8EJQ
                             
〇非会員(一般)
 申込URL(会場)
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe5mbApwwPOwmr05FAqR1JfO01WmfIvNxVE0otUYtMH38cuwQ/viewform
                             
このR実践講座に関するお問い合わせ先
 食・農データサイエンス部会 fadatass@nodai.ac.jp

ページの先頭へ