総合研究所 Research Institute

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

東京農業大学 総合研究所研究会 農業生産工程管理(GAP)研究部会シンポジウムのご案内

開催日:2018年11月11日 / 発行日:2018年10月11日

お知らせ

東京農業大学総合研究所では、産官学共同研究事業の発展を目的とした総合研究所研究会を設立し、最新の研究情報等を提供するフォーラムを、毎年数回、企画し、開催しております。

この度、農業生産工程管理(GAP)研究部会ではシンポジウムを開催する運びとなりました。つきましては、ご関心のある教員の方と生徒の参加を賜りたくお願い申し上げます。

1.シンポジウムタイトル:「私たちのGAP~学生たちのGAP活動」

2.目的:先進国では近年、食品事故(偽装、異物混入、生物的あるいは化学的汚染)を未然に防ぐために加工業ではHACCP認証導入の義務化が進んでいます。一方で、原材料を生産する農業においても欧米を中心にGAP認証の導入が進んできていますが、我が国ではまだその普及が進んでいません。そこで本シンポジウムではすでにGAP認証を取得した教育機関の教員・学生にその経験を発表してもらい、これからGAP認証の取得を目指している農業高校等でその経験を役立ててもらう。また、学校の農場でGAPを運用することによる教育的効果の理解をはかることを目的としています。

3.開催日程

日時:平成30年11月11日(日)10:00~12:30(9:30受付開始)

会場:東京農業大学世田谷キャンパス 1号館

主催:東京農業大学総合研究所 農業生産工程管理(GAP)研究部会

後援:株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント、日立トリプルウィン株式会社

参加費:無料

※シンポジウム終了後に昼食を兼ねて交流会を予定しております。交流会費は一人500円となります。

4.対象 

総合研究所研究会会員、農業高等学校教職員・生徒、本学教職員・学生、一般申込者

5.発表者

・北海道岩見沢農業高等学校・長野県富士見高等学校・栃木県立宇都宮白楊高等学校

・群馬県立勢多農林高等学校・山梨県立笛吹高等学校・東京農業大学宮古亜熱帯農場

6.問い合わせ先

東京農業大学総合研究所 農業生産工程管理(GAP)研究部会 

連絡幹事 齋藤修平:メールアドレス(ss201896@nodai.ac.jp, 03-5477-2420 直通)

7.参加申込み方法

別紙参加申込書に必要事項を記入の上、11月2日(金)までにFAXまたは上記のメールアドレスあてに送信してください。

FAX番号:03-5477-2634

参加申込書


ページの先頭へ