総合研究所 Research Institute

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

学内研究者向け情報

研究助成金等の公募情報

  • 研究助成金等の公募情報をお知らせいたします。
  • 申請書類、応募要項等は募集機関のHPでご確認ください。
  • 申請にあたり、本学の承認が必要なもの(大学代表者印等)については、担当部署との情報共有が必要となります。申請手続きを円滑に行うため、応募に際しては学内締切日の厳守をお願いいたします。
  • 学内締切日を経過した場合、必要な事務手続が行えない場合がありますので、ご了承ください。

直接応募する場合は、申請書の写し(1部)を担当部署にご提出ください。
【担当部署】世田谷:総合研究所、厚木キャンパス:学部長事務室、オホーツクキャンパス:生物資源開発研究所

シンポジウム等情報はこちら

公募情報一覧

整理番号 配分機関/財団名
事業(助成)内容
学内締切日
公募締切日
提出先
2018-072 配分機関/財団名
公益財団法人 旭硝子財団


事業(助成)内容
2018年度採択(2018年度募集)「環境フィールド研究 近藤記念グラント」

【研究助成の目的】
 自然と人との良好な関係の維持・構築に資する、フィールド調査を中心とする、個人またはチーム研究を助成します。

【応募要件】
 ・国内の大学とその附置研究所、大学共同利用機関、高等専門学校に勤務し、主体的に研究を めている常勤の研究者。
・年齢:1958年1月1日以降生まれであること
詳しくは応募要項でご確認ください。


【助成対象研究分野】
生物多様性・生態系の基礎研究及び絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む保全・再生や持続的利用などに関する研究分野を助成対象とします。フィールド調査の対象地域は日本ならびに周辺のアジア地域とします。

【採択数】
6件の予定です。

【助成額と研究期間】
1件あたり400万円以内。
研究期間は2018年4月から原則として2~4年間で、進捗状況に合わせて延長も可能です。

  • 学内締切日
    2018-09-07

  • 公募締切日
    2018-09-21

  • 提出先
    担当部署

2018-071 配分機関/財団名
公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団


事業(助成)内容
第30回(平成30年度)加藤記念国際交流助成(下期)

【助成対象】
海外で開催されるバイオサイエンス分野の学会・シンポジウム等で、自己の研究成果を発表する、
国内在住で、応募締切日に35才以下の研究者

【助成金額】
渡航地域により、10万円から30万円

【学会対象期間】
下期(10月1日-平成31年3月31日に初日を迎える学会)

【応募方法】
財団HPより研究者登録→受付フォーム入力→下記2種類の書面をPDF版をアップロードする。
(提出書類)
「申請書」PDF化:捺印不要
「推薦書」推薦者の捺印後PDF化

  • 学内締切日
    2018-08-21

  • 公募締切日
    2018-08-31

  • 提出先
    担当部署

2018-070 配分機関/財団名
公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団


事業(助成)内容
第30回(平成30年度)研究助成

【助成対象】
バイオサイエンスの基礎分野において、独創的且つ先駆的研究をめざす国内の若手研究者

【助成金額・期間】
1件200万円 28件程度(審査結果により300万円まで増額する場合がある)
助成期間は平成31年4月~2年間

【対象領域】
①メディカルサイエンス分野:18件程度
②バイオテクノロジー分野:10件程度

【応募資格】
国内の大学又は公的研究機関に所属し、40歳以下(応募締切日)の研究者 ただし、その他資格制限あり(募集要項参照)

【応募方法】
財団HPより研究者登録→受付フォーム入力→下記の種類の書面をPDF版をアップロードする。

(提出書類)
「申請内容概要」文字のみ。捺印不要。
「申請書」図・写真の掲載も可能。PDF化。捺印不要。
「推薦書」公印捺印後PDF化・原本郵送不要。

  • 学内締切日
    2018-09-20

  • 公募締切日
    2018-09-28

  • 提出先
    担当部署

2018-069 配分機関/財団名
公益財団法人 ノバルティス科学振興財団


事業(助成)内容
第32回ノバルティス研究奨励金

【奨励金の主旨】
生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域における創造的な研究を助成

【助成金額、件数】
助成金額は1件100万円。37件程度。

【助成期間】
助成期間は1年間。平成31年(2019年)4月1日~平成32年(2020年)3月31日 延長は認めない

【申請者の資格等】
日本国内で行われる研究が対象。申請者は原則として、博士号を有する研究者(2019年3月末までに取得見込みを含む)。国籍不問。
*推薦件数に上限がありますので、複数の申請がある場合には学内選考を実施します。

  • 学内締切日
    2018-09-06

  • 公募締切日
    2018-09-14

  • 提出先
    担当部署

2018-068 配分機関/財団名
公益財団法人 ノバルティス科学振興財団


事業(助成)内容
第30回 研究集会助成

【対象集会】
生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域において、
我が国で開催される国際色豊かな研究集会を下記基準に基づき助成
①国外からの参加者を含み、国際色豊かで、学術的意義の大きい研究集会であること
②1,000名を越す大規模な研究集会は、原則として助成の対象としない。
ただし、関連して国内の機関が主催するシンポジウム、招待講演、セミナー等は助成対象とする。
③2国間の研究集会は、原則として助成の対象としない
④他の財源から多額の収入が得られると予想される研究集会よりも、当財団からの助成が有効となるような研究集会を優先
⑤平成30(2018)年4月~平成31(2019)年3月末に開催される研究集会

【助成金額・件数】
助成金は1件40万円。5件程度

  • 学内締切日
    2018-09-18

  • 公募締切日
    2018-09-28

  • 提出先
    担当部署

2018-067 配分機関/財団名
公益財団法人 江野科学振興財団


事業(助成)内容
第30回(平成30年度)研究助成

【研究分野】
ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究

【助成対象】
1.「一般研究助成」前項に該当する優れた研究を助成します。研究者の年齢制限はありません。
2.「田中ゴム科学技術賞」ゴムの科学技術(化学、生化学、生物学、物理学、工学)における若手研究者の特に優れた研究の支援を目的とし、大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(平成30年4月1日現在)の方を対象とします。

【助成金額】
助成金総額は900万円とし、内訳は下記のようになります。
1.「一般研究助成」 200万円 1件、 100万円 5件
2.「田中ゴム科学技術賞」 200万円 1件以内

  • 学内締切日
    2018-09-21

  • 公募締切日
    2018-09-30

  • 提出先
    担当部署

2018-066 配分機関/財団名
公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団


事業(助成)内容
2018年度助成申請

【対象者】
原則として「日韓を生活・活動の拠点とする者」で、国籍は問いません。

【対象分野】
日韓に関わる、文化・芸術・歴史・社会・スポーツ・国際交流が対象。

【助成金額】
年間予算は 1500万円(上限)です。 個人・団体問わず、1件の助成金の範囲は
【 20万円~200万円 】となります。1年あるいは最大2年で成果を出す活動に助成します。
2年を過ぎた場合、事業継続を打ち切ることがあります。
大学の運営経費に該当する間接経費(オーバーヘッド)は助成金に含まれていません。
間接経費を徴収する大学に在籍する方は、大学側に確認を取って下さい。
助成金授与後も、当財団が適宜助成金の使途をチェックします。

【申請方法】
申請者登録→電子申請が可能。
http://www.hanchangwoo-tetsu.or.jp/index.php
財団HP~ダウンロード→郵送も可能。
※詳しくは財団ホームページをご確認ください。

  • 公募締切日
    2018-08-31

  • 提出先
    直接

2018-065 配分機関/財団名
公益社団法人 発明協会


事業(助成)内容
2019年度 全国発明表彰

◆第1表彰区分◆
科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、顕著な実施効果を挙げている発明等が対象
(1)我が国の科学技術の振興、産業経済の発展に大きく貢献している発明等が
   対象となります。
(2)最も優秀と認められる発明等に「恩賜発明賞」(1点)を贈り、特に優秀と認められる発明等に
「内閣総理大臣賞」を始め特別賞(各1点)を贈ります。

◆ 第2表彰区分◆
科学技術的に秀でた進歩性を有し、かつ、中小・ベンチャー企業、大学及び
公設試験研究機関等の研究機関(以下、「公設試等研究機関」という。)に係る発明等が対象
(1)21世紀の社会を創造するに当たり、実施効果を挙げている、又は今後大 きな実施効果を挙 げると期待される発明等が対象となります。
(2)著しく優秀と認められる発明等に「21世紀発明賞」(1点)を贈り、特に優秀と認められる 発明等に「21世紀発明奨励賞」(数点)を贈ります。
(注)詳細につきましては、次ページ以降の募集要項をご覧ください。
 本発明表彰では、第1表彰区分と第2表彰区分に分けて発明等を募り、表彰を行っています。

◆応募者等の資格◆
(1)応募者は、日本国内における当該発明等の権利を有すること。
   ただし、第2表彰区分においては、共同発明等に係る場合、中小・ベンチャー企業、
   大学及び公設試等研究機関が当該発明等の権利を有すること。
(2)応募案件の発明者、考案者又は創作者(以下、「発明者等」という。)は、
   日本国籍を有するか、又は当該発明等を日本国内において完成させ、
   上記1.に掲げる本発明表彰の趣旨に適合すると当協会が認めた者であること。
ただし、第2表彰区分においては、前記に加え日本国籍を有する者と共同で完成させた 外国人であって、上記1.の趣旨に適合すると当協会が認めた者を含めることができる。
(3)応募案件の発明等で、本発明表彰を受賞していないこと。
※過去に選外となった案件は再応募いただけます。
(4)当該発明等に関する同一の業績により叙勲・国家褒章を受章していないこと。   
※くわしくはHPでご確認ください。

  • 学内締切日
    2018-08-20

  • 公募締切日
    2018-08-31

  • 提出先
    担当部署

2018-064 配分機関/財団名
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所


事業(助成)内容
2019年度 戦略的研究シーズ育成事業

【対象分野】
「基礎科学・計測」、「ナノテクノロジー・材料化学」、「エレクトロニクス・情報技
術」、「ライフサイエンス」


【スキーム】
本事業に採択された提案者は、KISTEC と提案者の所属機関(以下、「所属機関」という)
との間で共同研究契約を締結したうえで、提案者自らが「研究代表者」となって、
原則として所属機関において採択課題の研究(以下、「研究活動」
という)を行っていただきます。
KISTEC は本事業専任の研究員(以下、「専任研究員」という)を雇用し、
当該研究実施場所に派遣して研究代表者のもとで研究業務に従事させます。
専任研究員の雇用に際して、研究代表者はKISTEC に
対して相応しい研究者を推薦することができます。
また、共同研究を実施するうえでKISTEC による様々なサポートを受けることができます。

【採択件数】
2~3件

【支援内容】
1 課題あたりの事業予算:1,300 万円程度/年(専任研究員の人件費及び間接経費を含む)

【審査方法】
提案受付(~8/17)→書類選考(10月ごろ)→面接選考(11月頃)→採択内定(12月頃)

  • 公募締切日
    2018-08-17

  • 提出先
    直接

2018-063 配分機関/財団名
一般財団法人 ホーユー科学財団


事業(助成)内容
平成29年度研究助成

【助成対象】
毛髪科学、皮膚科学、薬理学、染色化学に関する研究

【助成金額】
総額1000万円以内(1件100万円または50万円)

【助成期間】
平成31年4月1日~平成32年3月31日
(研究内容によっては最長1年の延長あり)

【申請方法】
申請書を財団ホームページよりダウンロードする。

※すでに他の機関等から助成を受けている研究は
助成対象にならない場合があります。
※詳しくは財団ホームページにてご確認ください。

  • 公募締切日
    2018-09-30

  • 提出先
    直接

ページの先頭へ