総合研究所 Research Institute

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

総合研究所長からのメッセージ

東京農業大学総合研究所は、文部省(現:文部科学省)事業による東南アジア諸国の大学との学術交流の推進と先端研究の活性化をはかることを目的に1978年に設置され、本学の学術活動全般を掌る研究センターとして活動を開始しました。

現在は、東京農業大学の研究戦略に基づく学内公募型の先端・戦略研究プロジェクトなどの企画・運営を行いながら本学の研究力の向上などをはかるとともに、産官学連携による他機関との共同研究の窓口として、科学研究費などの外部資金の獲得支援や獲得後の適正な予算執行業務の支援、さらにその研究成果の知的財産権の権利化や管理業務も行っています。

加えて、これらの研究成果の産業界への技術移転を通じた社会化・事業化の推進による社会発展への貢献も積極的に推進しております。とくに、研究成果の社会化・事業化を具体的に推進している一つが総合研究所(総研)研究会です。総研研究会は、1981年に産学共同の活動の推進を行うことを目的に設立され、本学の産官学連携研究の推進とその研究成果の社会への発信に大きな役割を果たしてきています。

総合研究所は、本学の教育研究のキーワードである生命・食料・環境・健康・バイオマスエネルギーなどに関連した分野の基礎から応用までの研究、さらに生物資源ゲノム解析などの先端研究を強力に推進するとともに、研究成果の社会への還元を通じた本学の社会貢献のより一層の充実に取り組んでいきます。今後とも、ご支援とご協力をお願い申し上げます。

東京農業大学 総合研究所長
山本 祐司

ページの先頭へ