東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

先端生命科学で
人類の未来を支える

バイオサイエンス専攻

Click here to see details about this department in English

″先端生命科学で21世紀をパワーアップ!″

本専攻では分子生物学を基盤として、生命現象を遺伝子や蛋白質といった分子レベルや細胞レベルで解析します。このことは必然的に先端生命科学分野を理解し、手法を会得し、また自ら創意工夫する力を養うことにつながります。微生物から高等動植物にいたるさまざまな生物材料を対象とし、目的に応じて生理活性物質から 生体高分子、さらに細胞や個体レベルについて、外来遺伝子導入、遺伝子解析、微生物大量培養、X線結晶解析等のシステムを駆使して研究を行います。さらに 基本生命現象の理解という基盤を様々な方面へ応用する柔軟性を培い、伝統を活かしつつ新時代に対応・連携できる力を身につけるよう系統化した教育、研究を行います。 こうした基本的概念のもと、細胞機能分子科学、環境生物機能科学、動物生命科学という3つの柱に特化した各研究室に所属し、独自で創造的なテーマを追究しながら専門性を深めます。他方、これらの柱間で横断的なクロストークをし、目先の小課題ではなく、食糧、 環境、医薬などの分野に真に横たわる将来的課題に対して取り組むことができる研究者としての実力を磨き、多面的で弾力的な問題解決を可能にする科学的基礎学力や思考力を習得します。すなわち、農林水産系、医薬系、理化学系の各分野の研究者、技術者として活躍できる、21世紀のゲノム時代にふさわしい人材を育成します。

カリキュラム・研究スタッフ

2017年度

2017年度分より、シラバスシステムから閲覧できます。

2016年度

博士前期課程

博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
バイオサイエンス特別研究 4

農学研究科共通科目 博士前期課程

授業科目(シラバス) 単位
知的財産管理法 2
インターンシップ 2

農学研究科共通科目 博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
インターンシップ 2

2015年度

博士前期課程

博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
バイオサイエンス特別研究 4

農学研究科共通科目 博士前期課程

授業科目(シラバス) 単位
知的財産管理法 2
インターンシップ 2

農学研究科共通科目 博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
インターンシップ 2

2014年度

博士前期課程

農学研究科共通科目 博士前期課程

授業科目(シラバス) 単位
知的財産管理法 2
インターンシップ 2

農学研究科共通科目 博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
インターンシップ 2

2013年度

博士前期課程

農学研究科共通科目 博士前期課程

授業科目(シラバス) 単位
知的財産管理法 2
インターンシップ 2

農学研究科共通科目 博士後期課程

授業科目(シラバス) 単位
インターンシップ 2

ページの先頭へ