東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

農のもつ新たな価値の創出

食料の持続的・安定・高品質生産技術の確立

本専攻では、世界の食料をささえる作物生産システムの研究、人間の健康とアメニティに資する園芸研究、微生物、病原菌の生理・生態と制御に関する植物病理学研究、最も変化に富む昆虫の遺伝資源の整理と、虫害の制御に関する応用昆虫学的研究、植物資源の遺伝分析と育種を目的とした遺伝・育種研究、など農学に関わる基礎的、応用的研究が展開される.専攻修了時には、博士(農学)あるいは修士(農学)の学位を授け、農学に関わる研究・教育・産業界に活躍する人材の養成がなされます。

各研究室の概要については、大学案内の各学科のページにも掲載されています。
各教員の詳しい研究内容については、教員紹介・検索または教員・研究情報を参照してください。

大学院入試情報

ページの先頭へ