東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

「農」の進化に、挑み続ける

"生きる"を支える

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

国際食農科学専攻:修士課程

1.人材養成、その他教育研究上の目的

本専攻修士課程では、研究科共通科目として配当する必修科目の「研究倫理特講」により、研究者として備えておくべき倫理を身に付ける。また基礎科目である「論文英語」、「プレゼンテーション法」、において、学術研究をまとめるため必要な技法及び報告の方法を学ぶ。また、「食農技術学」と「食農経済学」において自然科学と社会科学の両基礎領域を学び、さらに、「植物生産学特論」、「食環境科学特論」、「食農政策特論」、「食農教育特論」といった特論科目を履修し、専門領域に対する理解を深める。これらの科目を履修することにより、研究能力及びリーダーシップ能力を修得させることを教育上の目的とする。

2.教育目標

国際食農科学専攻修士課程では、次のような者の養成を教育目標とする。
(1)国際食農科学を基盤とし、それぞれの専攻分野における確かな知識と技術を有する者
(2)研究者・高度専門家・教育者としての責任を自覚し、実学主義のもと問題解決に取り組む能力と意欲を有する者
(3)適切なコミニュケーション能力およびプレゼンテーション能力により世界に向けて発信力を有する者

3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

国際食農科学専攻修士課程は、自然科学及び社会科学にわたる学問領域からのアプローチにより、国内外の食農資源の新たな価値創造に寄与する国際的な人材を輩出するため、所定の修了要件を満たし、以下の能力を備えた学生に修士の学位を授与します。
(1)「農業生産」、「食品科学」、「食農政策」、「食農教育」などの自然科学・社会科学にわたる国際食農科学の確かな知識と技術を有している。
(2)国際食農科学において、研究者、高度専門家、教育者として活動し得る能力を有している。
(3)国際食農科学にかかわる研究を遂行する能力を有している。
(4)専門性を活かし、国内外における食や農にかかわる諸問題を解決する能力を有している。

4.教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

国際食農科学専攻修士課程は、本学の教育の理念「実学主義」に基づき、国際食料農業科学にかかわる研究者、教育者あるいは高度専門家としての総合力を確立させ、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた能力を身につけるため、以下の方針のもと教育課程を編成します。
(1)「研究科共通科目」として、知的財産管理に関する科目を配当する。
(2)「専攻科目・基礎科目」として、自然科学と社会学の両領域の知識を身につけ、国際食農科学の研究遂行に求められる科目を配当する。
(3)「専攻科目・特論科目」として、専門的知識・研究能力を習得させるため、講義形式による植物生産学、食環境科学、食農政策、食農教育に関する科目を配当する。
(4)「研究科目」として、指導教員による密接な指導の下に、問題の発見・研究課題の選定から研究計画の立案、実験や調査など研究の実施、綿密な議論や考察、文献検索などの実践を通じた修士論文の執筆と発表を行う科目を配当する。

5.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

国際食農科学専攻修士課程は、国際食農科学に対する深い理解の上に、専門分野における基礎的な問題を自立的に解決できる人材を育成します。そのため、本研究科では次のような学生を求めています。
(1)国際食農科学の当該分野における学修が可能な4年制大学卒業程度の学力を有している。
(2)国内外における学修や研究活動を可能にする基本的な語学力を有している。
(3)豊かな学びと人間関係の構築を可能にするコミュニケーション能力を有している。
(4)国際食農科学の発展への貢献に強い関心、研究者、教育者あるいは専門家として社会に貢献しようとする明確な問題意識と学修に対する強い意欲を有している。

ページの先頭へ