東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

「農」の進化に、挑み続ける

"生きる"を支える

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

分子生命化学専攻:修士課程

1.人材養成、その他教育研究上の目的

分子生命化学専攻修士課程では、化学を中心とする自然科学を総合的に理解し、様々な自然・生命現象に対して、分子論的な解釈と化学的なアプローチを可能とするため、基盤的教育を行った上で、「有機化学」もしくは「分子機能解析学」の両分野より高度な専門的学問を学び、各分野の造詣を深める。それにより、生命科学分野において化学を基盤とした専門性を身に付け、難度の高い問題を解決する能力を習得させることを教育上の目的とする。

2.教育目標

分子生命化学専攻修士課程では、その人材養成目的を踏まえ、次のような者の養成を教育目標とする。
(1)化学を中心とする自然科学を総合的に理解し、基盤から応用まで幅広い知識とともに高い技術を身につけた者
(2)修得した知識や成果を的確に伝える論理的思考力、数的処理能力、文章力およびプレゼンテーション能力を有する者
(3)身につけた専門的知識および技術を活かし、学修の成果を社会に還元しつつ、人類の発展へ寄与しうる能力を有する者

3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

分子生命化学専攻修士課程では、伝統的な化学の視点を保持しながらも、時代の変化に囚われない普遍的な価値を持ち、確かな自然科学系の基礎知識・技術を身につけた人材を輩出するため、所定の修了要件を満た、以下の能力を備えた学生に修士の学位を授与します。
(1)農学分野における自然科学に化学的視点を取り入れ総合的に理解し、幅広い基礎的知識及び技術を修得している。
(2)生命科学分野において化学を基盤とした広範な専門的知識及び研究能力を修得している。
(3)研究倫理を理解し、問題設定・解決能力と論理的思考力を身につけ、研究成果を発信する能力を習得し、学修成果を社会に還元しうる能力を身につけている。

4.教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

分子生命化学専攻修士課程は、本学の教育の理念「実学主義」に基づき、生命科学にかかわる研究者あるいは技術者としての総合力を確立させ、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた能力を身につけるため、以下の方針のもと教育課程を編成します。
(1)「研究科共通科目」には、研究者など専門職者として必要な知的財産管理に関する科目と、修了後のキャリア・プランを構築させる科目を配当する。
(2)「専攻科目・基礎科目」として、研究者など専門職者として必要な、プレゼンテーション能力や英語力を身につける科目、生命倫理・研究倫理に対する理解力を高める科目及び分子生命化学の研究の遂行に求められる専攻基礎科目を配当する。
(3)「専攻科目・特論科目」として、研究者など専門職者として必要な専門的知識・研究能力を修得させるため、講義または演習形式により、「分子設計学」、「有機合成化学」、「ケミカルバイオロジー」、「分析化学」、及び「生命高分子化学」に関する科目を配当する。
(4)「研究科目」として、指導教員による密接な指導の下に、問題の発見・研究課題の選定から研究計画の立案、実験や調査など研究の実施、綿密な議論や考察、文献探索などの実践を通じた修士論文の執筆と発表を行う実験・演習を必修科目として配当する。
 

5.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

分子生命化学専攻修士課程では、様々な現象に対する論理性・客観性に基づいた科学的判断が可能であり、倫理観に裏付けされた研究意欲を持ち、農学・生命科学領域における問題を自立的に解決できる人材の育成を目指します。そのため、本専攻では次のような学生を求めています。
(1)化学を中心とする伝統的科学に興味と学習意欲があり、生命科学分野への応用を考えている。
(2)農学・生命科学領域の科学・技術に関心があり、本質を捉えた学びを希望している。
(3)現在人間の生活圏に様々な問題に対し、普遍的な思考・技術体系に従って抜本的な解決を与えようと考えている。

ページの先頭へ