東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

「農」の進化に、挑み続ける

"生きる"を支える

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

教育研究上の目的・目標ならびに3方針:環境共生学専攻

教育研究上の目的・目標ならびに3方針の一覧へ

アクアバイオ学専攻:博士前期課程

1.人材養成、その他教育研究上の目的

アクアバイオ学専攻は、オホーツク海や沿岸海跡湖における水産資源の持続的供給を可能にする海洋生態系や環境の保全を実践できる人材の育成を目標とし、旧来の水産学や環境学にはない氷結する海域に焦点をあてたオホーツク水産生物学とオホーツク水圏環境学を柱とした知識や技術を身につけ、専門性の高い指導的役割を果たせる人材の養成を目的とする。

2.教育目標

アクアバイオ学専攻では、オホーツク海域の水産資源を持続的に利用するための水産生物学や水圏環境学に関する高度な学識と研究手法を修得し、問題設定、解決能力を備えた者の育成を教育目標とする。

3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

アクアバイオ学専攻博士前期課程は、オホーツク水圏の水産資源の持続的利用および資源増大に資するために水圏資源の環境、生産、加工、流通・ビジネスを一連のプロセスとして学び、水圏環境学、水産生物学や水産増養殖学を基盤とした専攻分野において、専門性の高い指導的役割を果たせる人材を輩出するため、研究科が定める所定の単位を修得し、学位論文審査基準による修士論文の審査および最終試験に合格するとともに、以下の能力を備えた学生に修士の学位を授与します。

(1)オホーツク水圏の豊かな自然環境と調和した持続可能な漁業生産を支えるとともに、安心安全な水産物を安定的に提供するための水産増養殖を理解し、本専攻の基盤となる学問に係る確かな知識と技術を身につけている。
(2)多様な水圏科学に関する専門性を活かした研究者、教育者あるいは専門家として活動しうる能力を身につけている。
(3)修士論文の作成を通して、水圏科学における課題を発見し解決するための研究テーマを探索して研究に取り組み、得られた成果をまとめて論文の執筆や口頭発表を行う能力、さらに多様な発信力を身につけている。
(4)科学者としての倫理を理解し、水圏科学における社会の問題に目を向け、その解決に取組む意欲と能力を身につけている。

4.教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

アクアバイオ学専攻博士前期課程は、学部において基礎的に学んだアグリ・フードシステムを、より深く探求する実践的な専門科目の体系的な履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げた能力を身につけるため、以下の方針の下に教育課程を編成します。

(1)本専攻において共通して理解すべき生物学、増養殖学、資源学、環境学等に関する学識を得るための特論科目を配当する。
(2)学生の研究テーマを進めるために必要な水産生物の生物学的特性、生態学的特性および環境学的特性に関する専門的知識や理解を深化させるための選択科目を配当する。
(3)多様な水圏科学に関する専門性を活かした研究者、教育者あるいは専門家として必要な論文執筆、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を向上させるための選択科目を配当する。
(4)専門的な研究を実施するための実験技術修得のための実験科目と、発表能力や問題発見能力および解決能力を増強するための演習科目を配当する。
(5)指導教授または指導准教授による密接な指導の下に、研究課題の選定から研究計画の立案、実験や調査など研究の実施、綿密な議論や考察、文献探索などを実践して修士論文の執筆と発表を行う科目として特別総合実験・演習科目を配当する。

5.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

アクアバイオ学専攻博士前期課程は、水産資源の宝庫であるオホーツク水圏での実践的な教育研究により、水圏の生物学、生態学および環境学に基づき、水産資源生物の保全や増養殖の分野において社会に貢献できる人材を養成します。そのため、本専攻では、次のような学生を求めています。

(1)本専攻における学修が可能となる水産系四年制大学卒業程度の専門科目に関する基礎学力およびその応用能力を有している。
(2)国内外における科学・技術を理解するための語学力と、専門領域における最新の知見を自ら積極的に得る努力ができる能力を有している。
(3)豊かな学びと人間関係の構築を可能にするコミュニケーション能力と自らの意志を適切に表現できる能力を有している。
(4)水圏における生物や生態系、これをとりまく環境などに対する強い関心を有し、本専攻分野の研究者、教育者あるいは専門家として社会に貢献しようとする明確な問題意識、学修に対する強い意欲を有している。

ページの先頭へ