東京農業大学大学院 Graduate School of Tokyo Univ of Agriculture

メニュー

「農」の進化に、挑み続ける

"生きる"を支える

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

教育研究上の目的・目標ならびに3方針:バイオサイエンス専攻

教育研究上の目的・目標ならびに3方針の一覧へ

バイオサイエンス専攻:博士前期課程

1.人材養成、その他教育研究上の目的

バイオサイエンス専攻博士前期課程は、生命科学の最先端知識・技術の修得を通して、創造的・独創的な教育研究を推進し、研究内容を自在に発信・討論できる能力を養成する。それにより、優れた人間性を有し、国内外の研究・産業の発展に貢献する人材の養成を目的とする。

2.教育目標

バイオサイエンス専攻博士前期課程では、最先端知識、技術を活用して、創造的、独創的な研究を邁進し、研究内容を自在に発信・討論できるとともに、産業・教育の発展に広く寄与する人材の育成を教育目標とする。

3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士前期課程では、生命科学分野において、優れた人間性を有し国内外の研究・産業の発展に貢献する人材を輩出するため、研究科が定める所定の単位を修得し修士論文を提出するとともに、次のような者に修士の学位を授与します。すなわち、生命科学の専門領域において

(1)確かな知識と技術を有している。
(2)研究者、教育者あるいは専門家としての能力を有している。
(3)科学者倫理を理解し、問題設定・解決能力を備えている。
(4)成果発表能力、発信力を備えている。

4.教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士前期課程は、生命科学を基盤に最先端知識・技術を駆使して、生命科学にかかわる研究者、教育者あるいは専門家としての総合力を確立するため、以下の方針の下に教育課程を編成します。

(1)バイオサイエンス専攻の3分野において、それぞれ理解すべき学識を得るための特論・特論実験科目を配置する。
(2)生命科学における専門的知識や理解をさらに深化させるための選択科目を配置する。
(3)研究者、教育者あるいは技術者として必要なプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を向上させるための選択科目を配置する。
(4)実験技術の修得のための実験科目と、発表能力や問題解決能力を増強するための演習科目を配置する。
(5)指導教授または指導准教授による密接な指導の下に、問題の発見から研究計画の立案、実験や調査など研究の実施、綿密な議論や考察、文献探索などの実践を通じた修士論文の執筆と発表を行う特別実験・演習科目を必修とする。

5.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士前期課程は、生命現象の本質に対する深い理解の上に、最先端技術・知識を獲得し、生命科学分野における基礎的問題を自立的に解決できる人材を育成します。そのため本専攻では次のような学生を求めています。

(1)生命科学分野における学修が可能な四年制大学修了程度の学力を有している。
(2)国内外における学修や研究活動を可能にする基本的な語学力を有している。
(3)豊かな学びと人間関係の構築を可能にするコミュニケーション能力を有している。
(4)生命科学分野に対する強い関心、研究者、教育者あるいは専門家として社会に貢献しようとする明確な問題意識と学修に対する強い意欲を有している。

バイオサイエンス専攻:博士後期課程 

1.人材養成、その他教育研究上の目的

バイオサイエンス専攻博士後期課程は、生命科学の最先端知識・技術を駆使しながら、新規な仮説の提起と検証を通して、高度に創造的・独創的な教育研究を推進し、研究成果を国際的に発信・討論できる能力を養成する。それにより、優れた人間性を有し、国内外の大学・研究機関・企業等において研究・開発のリーダーとして貢献する人材の養成を目的とする。

2.教育目標

バイオサイエンス専攻博士後期課程では、博士前期課程の学位授与基準を満たした上で、さらに国際的な研究活動も重視し、大学教員さらに関連産業・研究機関・行政機関等において、研究・開発・行政のリーダー的存在となる人材の育成を教育目標とする。

3.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士後期課程では、生命科学分野において、優れた人間性を有し、国内外の研究・産業の発展に貢献する人材を輩出するため、研究科が定める所定の単位を修得し、かつ学位論文を提出して学位論文評審査準に基づく審査に合格するとともに、以下の能力を備えた学生に博士の学位を授与します。すなわち、生命科学の専門領域において

(1)国際的レベルでの高度な知識と技術を有している。
(2)協調性を持ちながらも独立して、研究者、教育者あるいは専門家としての業務を遂行する能力を有している。
(3)高度な問題設定・解決能力を備えている。
(4)科学者倫理を理解し、研究組織におけるリーダーシップを備えている。
(5)研究成果を国際的に発信する能力を備えている。

4.教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士後期課程は、生命科学を基盤に最先端知識・技術を駆使して、生命科学にかかわる高度な研究者・専門家としての総合力を確立するため、以下の方針の下に教育課程を編成します。

(1)研究を通しての教育を重視し、研究の全行程を通して専門分野における最先端の知識と技術を修得し、コミュニケーション能力を増強するための科目を配置する。
(2)問題の発見から研究計画の立案、実験や調査など研究の実施、綿密な議論や考察、文献探索などの実践を通じた博士論文の執筆、提出および審査に合格するまでを指導教授または指導准教授が密接な指導を行う特別研究科目を必修とする。

5.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

バイオサイエンス専攻博士後期課程は、生命現象の本質に対する深い理解の上に、最先端技術・知識を獲得し、研究者として協調性を有しながらも自立し、生命科学分野における高度な問題解決ができる人材を育成します。そのため本専攻では次のような学生を求めています。

(1)生命科学分野にかかわる大学院博士前期課程修了程度の学力を有している。
(2)国内外において研究活動を実施し、成果を発信しうる複数言語の語学力を有している。
(3)研究者、教育者あるいは高度な専門家として活躍しうる人間関係の構築を可能にするコミュニケーション能力を有している。
(4)生命科学分野における研究者、教育者あるいは高度な専門家としてリーダーシップを発揮し、国際的に社会に貢献しようとする広い視野、明確な問題意識、強い意欲を有している。

ページの先頭へ