「食と農」の博物館  Food and Agriculture Museum 東京農業大学 公式HPへ
博物館トイベント
TOP コンセプト 常設展 開館カレンダー 利用案内 English Korean
     
平成21年イベント
《シリーズ》 ⇒富士宮フードバレー展 /  ⇒つばさのないニワトリと飛べない鳥たち / 
⇒「呼吸するシルク」 講演/  ⇒「呼吸するシルク」 実演・体験/
⇒多摩川源流大学展 食と生活を学ぶ源流大イベント/  ⇒多摩川源流大学展 特別イベント/
⇒「菊畑へようこそ」〜キクが語るハーブの世界〜/  ⇒食育フェア 「食材の寺小屋」/ 
富士宮
フードバレー展
 富士宮観光物産展 (月一回最終土日・予定変更もあります)
富士宮フードバレー展ロゴ ■フードバレー展って?
アメリカのシリコンバレーは誰もが知るコンピューター産業の集積地です。
富士宮も美味しい食べ物、特色ある食べ物、良い食べ物がたくさんあり、集まっています。朝霧高原に牛がいて、猪之頭、淀師、上野に鱒があって、青木にイチゴがあって、山本や杉田にはお茶があって、北山工業団地には食品メーカーが立地しています。そして富士宮やきそばです。 富士山から麓に広がる歴史と文化の中にすばらしい食(フード)の数々、富士宮は食の集積地…それをフードバレーと名付けました。シリコンバレーがコンピューター技術を世界に発信したようにフードバレーが日本の食文化、食産業を情報発信します!
−農産物−
トマト・きゅうり・きゃべつ・レタス・富士宮やきそば・八十八夜新茶・深むし茶・曽我漬・ストライプチーズ・のむヨーグルト・ウィンナー・スモークチキン・ショルダーベーコン・ササミスモーク・鱒の曽我漬・酒蔵漬・たくわん・行者にんにく・ふきのとう・雲上水・いわしはんぺん・さくらえび入りしんじょ・ゆず・かまぼこ・ごぼうさつまあげ・よもぎもち(のし)
お申込み・お問い合わせ: 東京農業大学「食と農」の博物館
TEL 03-5477-4033/FAX 03-3439-6528
平成21年1月〜
    平成22年3月
10:00〜16:30
富士宮フードバレーショップ年間スケジュール
平成21年 1月17日(土)・18日(日)
2月21日(土)・22日(日)
3月28日(土)・29日(日)
4月18日(土)・19日(日)
5月23日(土)・24日(日)
6月20日(土)・21日(日)
8月 1日(土)・ 2日(日)
9月23日(水)フードバレー展
11月21日(土)・22日(日)
平成22年 1月23日(土)・24日(日)
2月20日(土)・21日(日)
3月27日(土)・28日(日)
時 間: 10:00〜16:30
場 所: 「食と農」の博物館
お問い合わせ: 富士宮市企画経営課フードバレー推進室
TEL 0544-22-1691
▲ページTOPへ
平成21年9月23日(水・祝) 10:00〜17:00
第5回富士宮フードバレー展
 

富士山を背景として栄えてきた富士宮市は、たぐいまれな自然環境と、湧水に育まれた豊富な食材を有することから、「食」を生かしたまちづくり「フードバレー構想」を推進しています。

このたび、富士宮市フードバレー推進協議会は、首都圏の皆さまに「フードバレー構想」を推進する「食のまち富士宮」の魅力を存分に知っていただくため、9月23日(水・祝)に東京都世田谷区の東京農業大学「食と農」の博物館で、「富士宮フードバレー展」を開催することになりました。

この「富士宮フードバレー展」は、富士宮市が東京農業大学と締結している「包括的連携協力協定」に基づいて毎年開催しているもので、今年で5回目となります。

今回の「富士宮フードバレー展」は、富士宮市のお茶のPR活動に取り組んでいる団体「たべ茶う会!」によるお茶セミナーを開催します。

また、その他にも富士宮の選りすぐりの特産品を販売する「特別観光物産展」や「銘柄豚の焼肉」と「にじますの塩焼き」の販売など、富士宮の自慢の食を存分に味わっていただける催しが盛り沢山です。

多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

 

●まるごと飲んで!食べて!お茶を楽しむセミナー

時間: 第1回12:30〜13:00
第2回14:30〜15:00
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館2F セミナー室


●富士宮フードバレー特別観光物産展

時間: 10:00〜17:00
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館1F
販売品: 「銘柄豚の焼肉」「にじますの塩焼き」販売
乳製品、ウインナ−、ハム、ジャム、ニジマス加工品、富士宮銘菓、手作りクッキー、曽我漬、わさび漬、富士宮やきそばセット など


●富士宮フードバレー抽選会

時間: 10:00〜17:00
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館1F
内容: 商品を500円以上お買い上げの人購入してくれた人を対象に富士宮の特産品が当たる抽選会を実施

 
開催場所: 東京農業大学「食と農」の博物館
(東京都世田谷区上用賀2-4-28)
お問い合わせ: 〒418-8601 富士宮市弓沢町150番地
富士宮市役所 企画部フードバレー推進室
TEL 0544-22-1691 FAX 0544-22-120
▲ページTOPへ
Event  
平成21年10月11日(日)
〜12日(祝)
10:00〜17:00
第3回東京都食育フェア 〜楽しみながら食を育もう〜
 

「食」について知り、考えよう
「食」の調達能力を身につけよう
「食」の魅力と楽しさを感じよう

【キッチンシアタープログラム】
会場: 「食と農」の博物館2階セミナー室・入場無料
日時: 10月11日(日)

10:00「これぞ朝飯田(あさめしだ!!)」
    国産株式会社
12:30「ペットボトル飲料の糖度を調べて、糖度と濃度について考えよう」
    世田谷区消費生活課区民講師「ひとえの会」食グループ
14:30「野菜でスイーツ!嬉しい試食つき」
    ジャパン・フード・コーディネータースクール

10月12日(祝)

10:30「知って得する話」「みんなで実験!乳の不思議」 生クリームからバターを作る
    明治乳業株式会社
13:00「鯨肉の解凍法や取扱い方に関するセミナー」鯨料理(竜田揚げ、刺身など)の実演試食
    日本捕鯨協会
15:00(内容未定)
    株式会社エフシージー総合研究所


【イメージシアタープログラム】
会場:

「食と農」の博物館1階映像コーナー・入場無料

日時: 10月11日(日)

11:00「牛・豚・鶏の幸せとは何だろう」
    地球生物会議 ALIVE
12:00「箸のはなし(文化・歴史)」正しい箸使いと実技指導
    日本箸文化協会
13:00「和食の原点“だし5種類の味比べ”」
    スローフードすぎなみTOKYO
14:00(内容未定)
    NPO法人 メダカのがっこう
15:00知的しょうがい児を対象とした食育支援に関する研究および活動事例報告
    NPO法人 わかみやクラブ
16:30スペシャルプログラム/食のドキュメンタリー
    「いのちの食べ方」上映

10月12日(祝)

11:00「地球にやさしい食」のご紹介
    NOP法人 コミュニティスクールまちデザイン
12:00「昔の食育と農林との共生」で食育を新しい仕事にしたお話
    食育バイオマス利活用推進協会
13:00「東京ガスの食育活動について」
    東京ガス株式会社 西武支店
14:00(未定)
    (未定)
15:00(内容未定)
    国産株式会社


【食の企画展示コーナー】

<東京都の食育への取組紹介>

1.子どもの生活リズム向上における食事への取組み/東京都青少年・治安対策本部
2.「東京都幼児向け食事バランスガイド」「食べ物を通じた子どもの安全な暮らし」
  「食と健康」「大切な食への取組」/東京都福祉保険局
3.そうだ、やっぱり早起き・早寝!&朝ごはん/東京都教育庁

<企画展示>

「地球の食卓」世界24カ国の家族のごはんを紹介、給食の歴史(明治時代から現在までの学校給食の紹介、地場産物(学校給食用物資)の展示と紹介冊子「東京の島」の配布/
(財)東京都学校給食会

<団体・企業展示>

(社)栄養改善普及会/ユビキタス推進協議会/(社)東京都歯科医師会/JA東京中央会
ウーマンズフォーラム魚

日時: 平成21年10月11日(日)〜10月12日(祝)
10:00〜17:00(雨天決行)
会場: 「食と農」の博物館・けやき広場
参加費: 無料
主催: 東京都
共催: 世田谷区
後援: 東京農業大学、JRA馬事公苑
▲ページTOPへ
つばさのないニワトリと飛べない鳥たち 関連イベント
平成21年5月30日(土)
〜10月4日(日)
10:00〜16:30
“生命の誕生”ヒヨコがかえる!
  5月30日(土)から、毎週土日にヒヨコが卵から孵る瞬間が見られます。
※生き物のことですので、実施出来ない場合もございます。お問い合わせください。

ひよこ孵化イメージ ひよこイメージ ひよこイメージ

 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 2F 展示コーナー
お問い合わせ: 「食と農」の博物館
  TEL 03-5477-4033 / FAX 03-3439-6528
▲ページTOPへ
ワイルドシルク第3章「呼吸するシルク」 講演
平成21年9月19日(土) 13:00〜14:00
野蚕絹の機能性
講師: 長島 孝行 氏(東京農業大学)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月20日(日) 第1部13:00〜14:00
  第2部14:00〜15:00
第1部 昆虫の繭づくり
第2部 世界のシルクの修復保存
第1部 講師: 赤井 弘 氏 (日本野蚕学会会長)
第2部 講師: 梶谷 宣子 氏(メトロポリタン美術館名誉会員)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月21日(月) 13:00〜14:00
食の未来を担う
講師: 田所 忠弘 氏(東京農業大学)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
ワイルドシルク第3章「呼吸するシルク」 実演・体験
平成21年9月19日(土) 第1部14:30〜15:30
  第2部15:30〜16:30
第1部 ワイルドシルクの糸づくり
第2部 サクサンモール糸を編む
第1部 講師: 下村 輝 氏
第2部 講師: 宮澤 孝子 氏
材料費: 第2部のみ モール糸を編む・3,000円
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月21日(月) 14:30〜15:30
貝紫染 (要予約・20名)
講師: 山村 多榮子 氏
材料費: 貝紫染・3,000円(スカーフ付き)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月22日(火) 14:30〜15:30
天然ハーブ染め (要予約・20名)
講師: 村田 みほ子 氏
材料費: ハーブ染・1,500円(スカーフ付き)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月22日(火) 13:00〜
夏に疲れた肌にテンサン化粧品
実演: (株)ファランドール
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月23日(水) 13:00〜17:00
絹布団づくり/まどろみ体験
実演: (株)川島
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
平成21年9月16日(水)
〜27日(日)※17日(水)は休み
14:30〜15:30
繭毛羽でコースターづくり
講師: 加藤 幸子 氏
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
主催: ワイルドシルク協議会
お問い合わせ: TEL 090−3570−6297
  E-mail:wildcocoon@Gmail.com
▲ページTOPへ
多摩川源流大学展 食と生活を学ぶ源流大イベント
平成21年10月17日(土) 10:00〜13:00
オープニングイベント
 

オープニングイベントとして源流大学の展示案内等を行います。

 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
(1F 展示スペース・映像コーナー、2F セミナー室、外駐輪場付近)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成21年11月7日(土) 10:00〜13:00
子供農村体験会
  小菅村で体験できることを、体験版として周辺地域の子供達に体験してもらいます。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館(1F 展示スペース)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成21年12月13日(土) 10:00〜13:00
年越しそば打ち体験
  源流域の食体験としてそば打ちを行う。参加者にはそば粉をプレゼントします。
※そばの道具は源流大学で準備します。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館(2F セミナー室)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成22年1月17日(土) 10:00〜13:00
郷土食試食体験会
  小菅村の郷土料理をみんなで作ってみる。また、村で食べられているおばく、こんにゃく、わさび漬けなどを試食します。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館(2F セミナー室)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成22年2月13日(土) 10:00〜13:00
きおび、竹かご編み体験
  交流体験として、小菅村ゆうゆうクラブの方を講師にお招きして簡単なきおび体験、竹かご編みの実演などを行う予定です。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
(1F 展示スペース・映像コーナー、2F セミナー室)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成22年2月27日(土) 10:00〜16:00
学生イベントデー
  源流大学で活動している学生さんによるイベントデー。農作業体験、染物体験などを行う予定です。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
(1F 展示スペース・映像コーナー、2F セミナー室、外駐輪場付近)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
平成21年12月12日(土) 13:00〜16:00
源流大学フォーラム
  源流大学展のまとめとして、源流大学フォーラムを開催します。
※一部参加費をいただくイベントがあります。
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館
(1F 展示スペース・映像コーナー)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
多摩川源流大学展 特別イベント
平成21年10月〜
平成22年2月
10:00〜12:00
農大朝市(月一回)
 

農大内で活動している団体で、農村景観、地域振興などを目的に地域で農産物などを生産している団体と連携して、朝市を行います。

  <朝市予定日>
平成21年 10月17日(土)・11月7日(土)・11月21日(土)・12月12日(土)
  平成22年 1月17日(日)・2月13日(土)・2月27日(土)
 
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 (1F 映像コーナー)
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
   
Cafe Petit Radish(カフェ プチ ラディシュ)共催企画
小菅村を食べよう!キャンペーン
  小菅村のおいしいものを味わっていただけます。(学生コラボ企画)
 
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
   
物品販売
  小菅村のふるさとの味をご家庭でも。(わさび漬け、漬物など)
 
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
   
エクステンションセンター後期講座予定(随時ご案内)
  初めて小菅体験プログラム(イベント参加、日帰りツアー)
子ども源流大学(小・中学生対象)
 
お問い合わせ: 学習支援課GP事務室
  TEL 03-5477-2247 (担当 杉野、石坂、矢野)
▲ページTOPへ
「菊畑へようこそ」
〜キクが語るハーブの世界〜
イベント
平成21年10月24日(土) 13:00〜14:00
ハーブに合ったキクをつくってみませんか?
どうしてキク関連108属1741種はどんな組み合わせでも雑種ができてしまうのでしょうか?
講師: 近藤 勝彦(東京農業大学農学科教授)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
平成21年10月30日(土) 13:00〜14:00
自然を守るキクの開発
講師: 篠山 治恵氏(福井県農業試験場育種部主任研究員)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
平成21年11月8日(日) 13:00〜14:00
あまいかおりのキクを飾ろう
講師: 津田 その子氏(中部電力株式会社技術開発本部研究員)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
平成21年11月14日(土) 13:00〜14:00
新宿御苑のおける菊の伝統的栽培
講師: 杉本 秀健(東京農業大学教育後援会事務局長)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
平成21年12月12日(土) 13:00〜14:00
キクハーブを楽しむ
講師: 本橋 強氏(東京農業大学農学科准教授)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
平成21年12月19日(土) 13:00〜14:00
菊の食文化
講師: 小笠原 宣好氏(山形大学教授)
会場: 東京農業大学「食と農」の博物館 1階映像コーナー
参加費: 無料
企画・制作: 東京農業大学農学部農学科遺伝育種学研究室
▲ページTOPへ
 (「東京農大食育研究部会」関連事業) 寺小屋で学ぼう!「食材の寺小屋」
野菜 ■食育って?
「食」に関する知識だけを学ぶのではありません。
食材が育った環境・季節・旬などに興味を持つと 食べ物を大切にするなどの「心」も育っていきます。
食材や調理といった「食べる」に始まりマナーや伝統といった「食文化」更には安全性、自給率の低下、
食品廃棄の増加、BSE病にみるような国際的な食糧問題などの時事問題に至る「食」に関する
多岐に渡った分野についての「教育」を指す生涯教育なのです。
  「食材の寺小屋」も開設から2年が経ち 4月から新年度がスタートします。
20年度は「生命(いのち)を つなぐ食」をテーマに さらに充実した内容で皆様にお届けしたいと考えております。皆様のご参加を心よりお持ちしております。
 

「食材の寺小屋」 平成21年7月〜9月のインフォメーション

 「食材の寺小屋」関連イベント
平成21年9月29日(火) ※時間未定
よみがえれ日本のたんぼ・第2弾 寺小屋出前講座
「埼玉県秩父地方・遊休農地の棚田とソバ畑見学ツアー」予告
 

全国には耕作されていない遊休地が、埼玉県1県にあたる30万ヘクタールほどになっています。しかし、消費者や市民の手によって有効活用している遊休地もあります。今年の出前講座は秩父市周辺の田んぼツアーです。
詳しいご案内と申込用紙は7月のニュースレターに同封し会員の皆様へお送りいたします。(非会員の方は、「良い食材を伝える会」のホームページをご覧になるか、事務局へお問い合わせください。)
URL:http://www.yoishoku.com/

 
主催: NPO法人「良い食材を伝える会」
共催: 東京農業大学総合研究所「食育研究会」
お申し込み・お問い合わせ: NPO法人「良い食材を伝える会」
  TEL03-3423-6080 /FAX03-3423-6085
e-mail: info@yoishoku.com
▲ページTOPへ
⇒バックナンバーへ
 
COPYLIGHTS 2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE ALL RIGHTS RESERVED.