東京農業大学

メニュー

『人物を畑に還す』から
『人物を世界へ還す』へ

農学の真価を発揮し、
未来を耕す人材へ

"生きる"を支える

沖縄県宮古島市

概要

宮古島は沖縄本島から南西に約300km、東京から約2000km、北緯24~25度、東経125~126度に位置し、大小6つの島(宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島)で構成されています。宮古島市の総面積は204平方km。

島全体がおおむね平坦で、低い台地状を呈し、山岳部は少なく、大きな河川もなく、生活用水等のほとんどを地下水に頼っています。

高温多湿な亜熱帯海洋性気候に属しています。四季を通しても暖かい気候であり、年平均気温は摂氏23度、年平均湿度は約80%です。

連携活動

沖縄在来のヤム芋で本格焼酎
宮古観光開発(宮古島市)などと沖縄在来のヤム芋を原料にした本格焼酎「ずみ」を開発。東京農業大学は宮古島市の実習農場で原料のヤム芋の品種を選抜し、また、焼酎の醸造技術を指導しました。

ヤム芋.jpg

0001.jpg


地域連携協定

宮古島市と本学は、2013年2月15日に連携協定を締結しました。(1)宮古島の気候、環境に適合した作物の栽培。(2)宮古島の気候、環境に適合した作物を原料とした加工商品の試験的な生産。(3)宮古島の気候、環境に適合した作物、およびそれを原料とした加工商品の試験的な出荷。(4)宮古島の気候、環境に適合した作物、およびそれを原料とした加工商品の情報発信および対外的紹介活動。(5)その他宮古島農業の情報発信および対外的紹介活動の推進。などの業務提携・協力を行っていきます。


地域連携活動 一覧

東京農業大学

エクステンションセンター
地域連携係

住所
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘 1-1-1
TEL
03-5477-256203-5477-2562
E-mail
crenkei@nodai.ac.jp

ページの先頭へ