農生命科学研究所 Research Institute for Agricultural and Life Sciences

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

2021年度東京農大「学内研究プロジェクト」採択研究テーマを公開します

発行日:2021年7月13日

お知らせ

 東京農大では、教員の研究力の向上を支援することを目的として、特色ある研究プロジェクトを設定し、学内研究課題を広く募集しています。提出された研究課題は、農生命科学研究所プロジェクト審査委員会で審査され、学長が採択を最終決定します。

 各研究課題は、本学の特色ある研究をさらに進展させるテーマです。日本最大の農学・生命科学系の総合大学として、海外協定校研究者や農研機構研究者との共同研究、学内コミュニティのなかで学部学科、自然科学・社会科学を越えた研究者が1プロジェクトに集結できる特徴があります。

 東京農大の研究力の向上は、本学学生の研究室活動、実験・実習・演習、講義の場での教育力の充実に直接活かされるとともに、食・環境・健康・エネルギー・地域創成などSDG'sの諸課題に対応し、農学・生命科学の領域研究を通じて地域社会・国際社会へ貢献しています。

 

1.大学院先導的実学研究プロジェクト

 大学院における高度な研究を推進するとともに、教育研究基盤の充実を図ることを目的として、各専攻の研究戦略(研究課題)に沿った独自の研究をプロジェクトごとに実施しています。

1.先導的実学研究プロジェクト(2021年度)

 

2.大学戦略研究プロジェクト

 21世紀の時代的要請に応えるべく本学における戦略的な研究領域を設定し、「食の安全」「生物多様性」「SDGs」をキーワードとしたプロジェクトチームを立ち上げて、研究を推進しています。

2.大学戦略研究プロジェクト(2021年度)

 

3.海外協定校との共同研究プロジェクト

 本学と海外協定校との教員レベルでの学術交流を基礎とした共同研究体制のもとに、世界共通の問題解決へ向けた活動によって、国際社会への貢献を目指す研究を推進しています。

3.海外協定校との共同研究プロジェクト(2021年度)

 

4.農研機構とのマッチングファンド型共同研究プロジェクト

 農研機構と本学の間で締結した包括的連携協定契約を機会として、将来の外部資金獲得、基礎研究の発展を踏まえつつ、研究成果の社会実装を目指す先導的研究に対し、双方から研究助成金を提供します。

4.農研機構とのマッチングファンド型共同研究プロジェクト(2021年度)

 

5.学部長主導型研究プロジェクト

 学部の研究力を結集し、人財育成と社会発信を含んだプロジェクトです。研究テーマや研究体学部長主導により学部の研究力を結集することで「特色・強み」を具体的に引き出し、将来的に社会貢献につながる農大らしい研究を推進しています。

5.学部長主導型研究プロジェクト(2021年度)

 

6.若手・女性研究者支援プロジェクト

 本学における若手・女性研究者の研究意欲及び研究能力の向上を図ることを目的に、研究者個人の独創的な発想を重視した研究活動を基礎研究、応用研究を問わず支援しています。

6.若手・女性研究者支援プロジェクト(2021年度)

 

7.持続可能な農業研究プロジェクト

 「担い手不足」や「高齢化」が深刻化した日本の農業は大きな転換期を迎え、また、温暖化等を背景とした自然災害が激甚化し、近年は農地や施設等の被害による経済的な損害が増加しています。このような農山村地域が抱える課題を解決し、持続的な農業の発展を目指す研究を推進します。

7.持続可能な農業研究プロジェクト(2021年度)

 

8.ポストコロナ社会対応・研究開発プロジェクト

 農生命科学分野にも様々な影響を与えた新型コロナウィルス(COVID-19)。本プロジェクトでは、農学系総合大学としてポストコロナ、Withコロナを見据えた社会の課題解決を目指す研究を支援します。

8.ポストコロナ社会対応・研究開発プロジェクト(2021年度)

 

9.東京農業大学と東京情報大学との共同研究プロジェクト

 本法人が設置する東京情報大学と共に、双方の特色ある研究力を結集し、大きな変革期を迎えている社会の課題解決に貢献する研究を支援します。

9.東京農業大学と東京情報大学との共同研究プロジェクト(2021年度)

 

ページの先頭へ