農生命科学研究所 Research Institute for Agricultural and Life Sciences

メニュー

実学主義の理念を支える東京農大の戦略的研究

山本所長が、革新的研究成果報告会でロシアプロジェクトについて成果報告しました。

2019年12月18日、丸ビルホール(東京丸の内)にて、東京農業大学総合研究所山本祐司所長が、「ロシアウラジオストクにおけるイチゴ栽培へのチャレンジ」と題したロシア共同プロジェクトについて成果報告を行いました。概要は以下のとおりです。

研究の背景と目的
オランダ式農業は多収量で生産性の高い品種を用いて、収益性を上げる施設型園芸栽培が基本となる。一方、日本の農業は狭い面積で個人事業主,もしくは少人数で、高品質、付加価値の高い品種を生産するスタイルが主である。前者が加工特性の高い農産物生産に向いている一方で、後者は生で食する品種の栽培に向いている。また、日本の品種は「甘み」の強い品種の改良に重点がおかれ、特に国内外で評価が高く、これらの品種の栽培に適した栽培システムが発展してきた。それとともに、施設園芸設備も独自の開発が進められ、今後これらの特徴を生かした、日本型農業モデルをセットとして国外に展開し、新しい農業経営形態が地域活性化につながるものと考える。今回はこのモデルをウラジオストク地域で実証実験として試ている。

2019年度の研究成果と今後の課題
1)イチゴの苗の試験的栽培でロシア国内での栽培が初めて可能となった。また、トラスト型ハウス(東京農業大学、竹内教授提案)の建設を行った。
2)イチゴ(ペチカほのか)の試験栽培が認められた。今後「品種のロシア国内での登録」により開発者の権利を守る対策を講じる。すでに、ウラジオストクのイノベーション社の協力によりロシア農業省より商業化に向けた手続きが進行している。
3)農大 FEFU (土地提供) イノベーション(ロシア品種登録他担当)日立キャピタル(コンサル担当) サクラ化学工業(ハウス資材担当) ホーブ株式会社(イチゴ栽培担当)との協働プロジェクトの成果として東方経済フォームでイチゴの披露ができた。

ページの先頭へ