低ストレス,簡易,迅速な牛の早期妊娠の予測に成功

2021/08/04

北海道大学大学院農学院博士後期課程の國井宏樹氏,同大学院農学研究院の高橋昌志教授らの研究グループは,北海道立総合研究機構酪農試験場,東京農業大学と共同で,人工授精後17-18 日目に採取した牛の子宮外組織である腟壁において妊娠特異的に発現が増減する遺伝子情報を指標として,RT-LAMP*1(Reverse Transcription-Loop-Mediated Isothermal Amplification)法により取得した複数ターゲット遺伝子の増幅情報を用いた機械学習*2 モデルを作成することで,85%以上の感度及び特
異度で早期での妊娠の成否を予測することに成功しました。併せて,簡易迅速に腟粘膜組織サンプルの採取が可能な器具を開発し,牛へのストレスを減らした採取手法を確立しました。
本研究成果は,早期における妊娠の成否を高確率で予測することで牛の繁殖効率を向上させ,乳肉生産効率の向上に資することが期待されます。