分子生命化学科
研究室紹介

分子生命化学科では2分野5研究室を設置し、医薬・農薬・動物薬やバイオプラスチックなどに関わる研究を展開しています。

有機化学分野

分子設計学研究室

化学の力で天然を超える

当研究室は伝統的な有機合成化学と近年目覚ましい展開を遂げた計算化学の融合領域を研究・教育の対象とし、化学の第一原理を演繹的に物質創成である合成実験にまで応用する事を目指す。合成標的とする分子の構造も天然由来の構造にはこだわらず目標とする生物活性に最適化した構造を化学物理或は物理化学の原理よりデザインする。即ち当研究室では天然由来の分子はゴールでは無くリード化合物であり道程の一里塚である。経験的要素の強い農学・生命科学領域の有機化学に化学全領域の成果を注ぎ込み農学・生命科学領域の新規展開を図る。
 

STAFF
石神 健 教授
 天然有機化合物の全合成と生物機能の解明
勝田 亮 准教授
 生命現象解明のための分子構築法の開発
若森 晋之介 助教
 分子構造に着目した天然物の化学合成

 

有機合成化学研究室

精密有機合成化学が生命の神秘を解き明かす

自然界から見いだされる医薬、農薬として有望な生物活性を有する化合物は通常極めて微量にしか得ることはできない。そこで、有機合成化学的手法を用いることにより応用への道筋を切り開く。例えば、触媒の開発により、貴重な化合物を効率的に合成することを可能としたり、天然には存在しない誘導体の合成により、天然物を上回る機能をもった化合物を創成する。さらに生物活性の発現機構を解明するための分子ツールの合成など、有機合成化学的手法を活用した生物活性有機化合物を利用するための基盤となる研究を展開する。
 

STAFF
尾中 篤 教授 
 鉱物空間での有機物の挙動と反応性の解明
矢島 新 教授
 微生物制御物質の合成研究
斉藤 竜男 准教授
 創薬化学 

分子機能解析学分野

天然物化学研究室

ケミカルスケールで生命現象を理解する

当研究室のゴールは、ケミカルバイオロジーアプローチにより生命現象を有機化学の視点・スケールで理解することである。第一のミッションは、薬物と薬物が体内で働く場所である特定のタンパク質との相互作用を定義し、薬の標的部位の三次元構造、すなわち、カタチを調べ、そこにフィットした薬物分子をデザインすることである。第二に、生物間化学交信のメディエーターとしての昆虫フェロモンの化学構造解析と行動制御メカニズムの解明に取り組んでいる。
 

STAFF
冨澤 元博 教授
 神経作動薬の分子設計と標的部位相互作用の定義
下村 健司 准教授
 生物間相互作用を媒介する機能性分子に関する研究
寺島 健仁 助教
海洋性毒素の化学構造解析

 

分析化学研究室

分析技術を駆使して生物現象の謎を分子構造から解析する

当研究室では、生物で起こるさまざまな現象のうち、物質(有機化合物や無機化合物)が原因となる現象を取り上げ、分子構造や化学反応として説明しようという目標をもって研究を行っている。
原因物質は未知物質であったり、複数の物質が関わっていたりするため、混合物の中から特定の物質だけを純粋に取り出す、量を測定する(定量分析)、いろいろな機器分析を行って構造や性質を導き出す(定性分析)といった実験を行う。物質や実験器具の扱い方、機器分析情報の解析の仕方を習得すれば、いろいろな生物現象解明に応用できる。
 

STAFF
橋本 貴美子 教授
 生物現象に関わる有機化合物の単離、構造、合成
浦井 誠 准教授
 生物間相互作用の分子機構の解明
伊藤 卓 助教
 生理活性天然物質の単離、構造決定、合成

 

生命高分子化学研究室

生命と地球環境の架け橋:バイオプラスチック

生命活動を支える高分子は実に多彩である。DNAやタンパク質そして多糖などは、細胞を構成し巧みに駆動していることがよく知られている。当研究室では、生化学や高分子化学を通じて生命現象を理解すると同時に、天然の生物素材から高性能バイオプラスチックや多様な高機能材料を開発する。具体的には、遺伝子工学を駆使して植物バイオマス原料から微生物や植物体内でバイオプラスチックを生合成し、柔軟透明なフィルムやナノファイバーなどの高付加価値材料の開発を行う。これらを生体吸収性医療材料や生分解性環境材料などに応用展開することを目指す。
 

STAFF
正木 春彦 教授
 RNA切断毒素タンパク質の構造と機能
石井 大輔 准教授
 バイオプラスチックの高付加価値材料化
廣江 綾香 助教
 バイオプラスチックの生合成とその制御