東京農業大学 「食と農」の博物館 Food and Agriculture Meseum

メニュー

食材の寺小屋

食材の寺小屋 講座予定

【中止】人生100年時代の食事術・実践編

令和2年5月19日(火)13:30~15:00

料理研究家で栄養士の堀江ひろこさんは104才の父と4才の孫を含めた
10人近い家族で毎晩食卓を囲んでいます。全員同じメニューです。
104才のひい爺は毎日4000歩を歩き、二日で一冊文庫本を読み、
いまだに2時間の講演もこなす’’スーパーひい爺”なのです。
この元気の素はもちろん食生活に負うところ大。
元気でボケない堀江家の食事術、毎食欠かさない”長寿豆5粒”など4項目を中心に
持続可能な”今ある野菜・いもの簡単レシピ”もご紹介いただきます。

講師:堀江ひろ子さん(料理研究家)

【中止】食のトレンド今昔 ~タピオカに至る道~

令和2年5月27日(水)13:30~15:00

フードジャーナリストの畑中さんは、1980年以降の日本の食のトレンドを
研究しています。このところの変化は実に目まぐるしい。
タピオカが大流行し早くも陰りが見えだしだ今日、食の世界の移り変わりを
興味深くお話いただきます。

講師:畑中三応子さん

【中止】アメリカ産の和牛も登場しています

令和2年6月11日(木)13:30~15:00

ご存知、人気の和牛です。ところでこの頃、アメリカやオーストラリアでも
和牛の生産が行われるようになりました。
WAGYUという言葉まで通用しています。
WAGYUはどんな牛なのでしょうか。肉質は?和牛の特質であるサシは?
今回はアメリカまで調査に行かれた今井さんにお話しをうかがいます。

講師:今井敬さん(酪農学園大学 教授)

【中止】やっぱり気になる大豆の話

令和2年6月23日(火)13:30~15:00

大豆は日本人にとって主要食料です。
しかし日本の総消費量に占める国産の割合は低く、8%程度に過ぎません。
それでも食用油などでの需要は多く、大豆の存在は気になるところです。
その大豆の最新事情を大手の需要家、前淵さんに解説していただきます。

講師:前淵元宏さん(不二製油株式会社)

お申込み

NPO法人「良い食材を伝える会」事務局

参加費:会員 500円/一般 1,000円
お問合せ・お申込み
 電話 03-3423-6080
 FAX 03-3423-6085
 E-mail: info@yoishoku.com
※講座当日は事務局が留守になる場合がございます。
キャンセルは、前日までにご連絡ください。

http://yoishoku.com/

ページの先頭へ