東京農業大学

メニュー

食品と化粧品の製造を基礎から学ぶ

北海道の素材を活かした「ものづくり」

食品と化粧品の機能解析から開発加工まで

学生が麦から作った「学生ビール」が好評発売中

2018年5月28日

原料の生産・ビールの醸造・ラベルやポスターのデザインまで

食香粧化学科では、食品や化粧品の製造・開発を学んでいますが、最大の特徴は、製品の元になる原料の生産現場がすぐそばにあること。この特徴を生かし、「ビール」を文字通り、一から作り、販売戦略も含めて学生が中心となって進めました。

販促ポスターも学生が作成

販売促進用のポスターは、食品香粧学科3年生の高安志織さんがデザインしました。高安さんは、学生ビールのラベルデザインも担当しています。

プレスリリース

新聞各紙でも取り上げられました

「学生ビール」プロジェクトは、新聞各紙でも取り上げられています。

北海道新聞

毎日新聞

朝日新聞

東京では、「食と農」の博物館で限定発売しました

「食と農」の博物館(東京都世田谷区)で開催中の「北海道オホーツク展」。同時開催中のオホーツク物産展で「学生ビール」を販売しました。限定発売のために用意した100本のビールは、完売しました。

「学生ビール」は網走ビールの協力で醸造されました。

学生が育てた麦を使ってビールの醸造を始めました。麦は、丹精込めて学生が育てたものを使っています。

ビールの醸造タンク

ビールの醸造タンク

醸造タンクの内部

醸造タンクの内部

ビールの品質をチェック

ビールの品質をチェック

ページの先頭へ