東京農業大学

メニュー

食品と化粧品の製造を基礎から学ぶ

北海道の素材を活かした「ものづくり」

食品と化粧品の機能解析から開発加工まで

KIHACHI創業者熊谷喜八氏による実習

2018年5月10日

初めての一人暮らしも安心、包丁の使い方から本格料理まで

「食品製造学実習(一)」では、食香粧化学科の新入生を対象に、東京・銀座をはじめ、全国でレストランやスイーツカフェ「KIHACHI」を展開する熊谷喜八氏にお越しいただき、包丁の使い方から、地域の食材を使った本格料理まで、教えていただいています。

熊谷喜八氏(NHKきょうの料理ホームページより)

教えていただいたメニュー

大地を感じる農夫風サラダ

旬野菜(レンコン、タケノコ、サニーレタス)は、茨城県阿見町から提供いただきました。阿見町と生物産業学部は、連携協定を締結しています。

茨城県阿見町ホームページ

カリカリベーコンを添えたシーザーサラダ

シェフの本格ドレッシングと市販ドレッシングを食べ比べました。

薄切り豚バラ肉のしゃぶしゃぶと揚げナス、長芋のサラダ

長芋は網走産、豚肉は地元の後藤農場産さくら豚を使用しました。

北海道・大空町さくら豚

実習の様子

ページの先頭へ