東京農業大学

メニュー

進化する東京農大

生物産業学部

本学部は、以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、大学及び本学部の教育研究上の目的、教育目標を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員を学部・学科に配置する。
なお、各学科の編制方針は別に定める。
  1. わが国有数の生物資源・自然資源を持つ北海道オホーツク地域という教育研究のフィールドを最大限に活用した研究室体制と、人間力の育成を重視した教育体制を構築し、その維持・向上に努められる教員
  2. 本学部が対象としている学問領域において必要な研究業績を有するとともに、本学部の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員
  3. 教養分野に所属する教員は、本学部の学問領域への理解と自身の専門性をもって、教育研究に対する能力と意欲を備えた教員

北方圏農学科

本学科は、以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学及び本学部の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、本学科の教育研究上の目的、教育目標及び3つの方針を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員を配置する。
  1. 生物資源や自然資源の生産・利用・保全の各領域が連携できる研究室体制と、多様な環境に配慮し幅広い視点でそれらに対応し得る基礎的な知識と技術を身につけた人材を養成するための教育体制を構築し、その維持・向上に努められる教員
  2. 本学科が対象としている学問領域における高い専門性を有するとともに、本学科の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

海洋水産学科

本学科は、以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学及び本学部の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、本学科の教育研究上の目的、教育目標及び3つの方針を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員を配置する。
  1. 豊かな生態系と高い生産性に恵まれたオホーツク海を主たる場として、資源の生物学的知見とそれを育む水圏の環境及び生態系にかかわる知見とを統合的に理解させるための研究室体制と、水圏環境の保全、水産資源の増養殖、解析、管理、未利用資源の開発、漁獲物の利用加工や流通等に資する人材を養成するための教育体制を構築し、その維持・向上に努められる教員
  2. 本学科が対象としている学問領域における高い専門性を有するとともに、本学科の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

食香粧化学科

本学科は、以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学及び本学部の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、本学科の教育研究上の目的、教育目標及び3つの方針を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員を配置する。
  1. 北方圏の資源を活用した食品・香料・化粧品の機能性、安全性及び製造加工の研究を実践するための研究室体制と、修得した知識・技術をもって実社会に貢献できる人間力を養成するための教育体制を構築し、その維持・向上に努められる教員
  2. 本学科が対象としている学問領域における高い専門性を有するとともに、本学科の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

自然資源経営学科

本学科は、以下の要件を満たす教員で組織する。編制にあたっては、大学及び本学部の教員組織の編制方針を踏まえるとともに、本学科の教育研究上の目的、教育目標及び3つの方針を十分理解し、それらに対応する能力と意欲を備えている教員を配置する。
  1. 自然環境との共生による持続可能なビジネスの形成をめざす研究室体制と、環境共生をめざした人材や新しいビジネスを創造できる人材を養成するための教育体制を構築し、その維持・向上に努められる教員
  2. 本学科が対象としている学問領域における高い専門性を有するとともに、本学科の構成員として各種運営業務に積極的に取り組める教員

ページの先頭へ