10の能力

「3つの心と2つの力」を育成するため、学校生活の多くを占める「授業」において
「10 の能力」を教育指標として設定し、教育方針を実現するカリキュラムを作成しています。

教育指標としての「10の能力」

 農大稲花小のカリキュラムにおいては、教育方針をもとに「10の能力」を教育指標として設け、各教科において知識・技能だけでなく、これらの能力を獲得できるように学習指導計画を作成しています。この「10の能力」は、文部科学省が学習指導要領において設定している「3つの資質・能力」と深く結びついています。

農大稲花小で育てる「10の能力」 学習指導要領における
「3 つの資質・能力」
1興味・関心 未知なるものへの興味・関心 学びに向かう力
人間性
2創造力 問題点について改善策を施し、新しい価値を生み出す力
3問題解決力 問題意識をもち、自ら解決していく力 物事に進んで
取り組む力
4習得力 知識・技能を習得する力
5主体性 物事に進んで取り組む力
6目標設定力 自ら目標を設定し、失敗を恐れず行動し、実現する力 生きて働く
知識・技能
7発信力 自分の考えや意見をわかりやすく伝える力
8傾聴力 相手の意見を丁寧に聞き、
意見の違いや立場の違いを理解する力
9持続力 継続的に取り組み、自分の役割を
果たそうとする態度と、それを支える体力
10自律力 状況に応じて、自らを律し、他と協調する力と態度

農大稲花小の「体験型学習」

 農大稲花小に隣接する東京農業大学には、生き物や食、環境といった身近なテーマを専門的に追究する研究設備が多数あります。それらを活用し、多様な体験型学習を計画しています。
 とはいえ、教室を離れ、実際に物に触れ、新鮮な体験をすることだけが目的ではありません。子どもたちが主体的に関わり、「なぜ!?どうして!?」と考え、深く理解することで、他の科目以上に「10の能力」を育む機会とすることこそ、「体験」の大切な意味と考えています。
 充実した体験型学習により、「10の能力」の育成を促進し、考える力と学びの基礎力を向上させる。その構造の構築が、農大稲花小の体験型学習のめざすところです。