東京農業大学稲花小学校 榎本武揚について

榎本武揚の言葉
「冒険は最良の師である」が
この小学校の土台です。

「未知なるものにひるまず、困難に立ち向かって進むことこそが、目標に到達する道であり、人としての成長にとって最良である」この国の近代化に尽くした榎本武揚のフロンティア精神、チャレンジ精神を象徴する言葉です。

榎本武揚 写真

「冒険は最良の師である」の自筆

榎本武揚と、 榎本がオランダの友人に贈った言葉
「冒険は最良の師である」の自筆

東京農業大学の創設者、榎本武揚とは、
どんな人物だったのでしょう。

1836年(天保7年)、幕臣の家に生まれます。12歳で幕府の昌平坂学問所に入学。黒船来航以来、開国と攘夷に揺れる世情の中、1862年(文久2年)、26歳の時、幕府初の海外留学生に選ばれオランダ留学。欧州へ向かう途上、船が難破漂流し命拾いしたり、インド洋や喜望峰を回る航海中は生物の生態系をつぶさに記録するなど、稀有の経験を通じて生きた学びを重ねました。4年余の留学で洋式海軍技術、国際法、農業、工業などを学び、蘭・仏・独・露の4カ国語を身につけました。この留学で得た「科学する心」と「冒険心の大切さ」が榎本の終生を貫く思想となりました。

帰国後、幕府の海軍副総裁となりましたが、まもなく大政奉還を経 て戊辰戦争が始まります。榎本は旧幕府軍を率いて蝦夷地・箱館(函館)に上陸。わが国初の西洋式城郭・五稜郭を本拠に蝦夷地の独立をめざします。最後は新政府軍の攻撃に降伏し、2年半投獄されます。しかし、その類い稀なる才能と知識を惜しんだ明治新政府が出仕を要請。北海道開拓を皮切りに、ロシア駐在公使を経て、農商務大臣、文部大臣、外務大臣など政府要職を歴任するに至ります。

日本が国際社会での競争力をもつためには、安定した農業生産力の発展が欠かせないと考えた榎本は、1891年(明治24年)、徳川育英黌農業科(現在の東京農業大学)を創設。この国に近代農業の技術を広めるリーダー育成をめざしました。「教育とは、セオリー(理論)とプラクティス(実践)の二者が車の両輪のように並び行なわれることで、はじめて完全なものとなる」という確固たる理念のもと、実践の重要性を常に説いた榎本武揚。それは「実学主義」として現在の東京農業大学に脈々と息づいています。