東京農業大学

Web情報検索
文字の大きさ特<-大->戻
→植物バイテク研究室
→作物生産管理学研究室
→動物バイテク研究室
→動物生産管理学研究室
→生態系保全学研究室
網走市内 学びのマップ
北海道内 学びのマップ
大学内 学びの施設
オホーツク生活情報
OBの皆さんへ
進路情報
生物生産学科TOP

植物資源保全学研究室
広大なフィールドで学ぶ自然環境保全の基礎と実践

オホーツク圏を含む北海道東部は、日本有数の農業生産拠点のひとつであると同時に、世界自然遺産「知床」や釧路湿原国立公園に代表されるような森林・湿原・海浜などの豊かな自然環境に恵まれています。当研究室では、自然と共生した社会の実現を目指して、地域の様々な自然をフィールドとした生態系の保全・再生・管理に関する教育研究を行っています。具体的には、野生動植物の種生態や個体群動態、生態系の物質循環など基礎的な生態学的研究に加え、対象種の種特性を踏まえた保全・再生策や持続的な生態系管理などに関する実践的な研究を地域の関係者と連携して行います。

 

知床の河畔林での種子散布調査
知床の河畔林での種子散布調査
冬の使者オオワシ
オジロワシの若鳥
湿原での植生・環境調査
湿原での植生・環境調査
 
寺澤和彦 教授
寺澤 和彦/教授
白木彩子 准教授
白木 彩子/准教授
中村隆俊 准教授
中村 隆俊/准教授

植物資源保全学研究室ブログ

動物資源管理学研究室ブログ

 所属教員と研究テーマ

寺澤 和彦 教授

【専門分野】

森林生態学・育林学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. 湿地生態系からの樹木を介したメタン放出機構の解明
    自然湿地は温室効果ガスであるメタンの主要な発生源です。最近、湿地生態系からのメタン発生に関して、湿地に生育する樹木を介した土壌メタンの大気への放出とその全球メタン収支への影響が注目されています。そこで、ヤチダモなどの樹木を介したメタン放出のメカニズムや律速要因を、フィールドでのメタンフラックス観測などによって明らかにし、冷温帯湿地林からのメタン放出量のボトムアップ推定を目指しています。
  2. オホーツク地域の天然林における樹木類の開花・結実特性に関する長期・広域的研究
    天然林における樹木の更新(世代交代)メカニズムや、果実を介した樹木−野生動物の相互関係を解明するため、オホーツク地域の森林を構成する樹木類の開花・結実特性(形態、フェノロジー、年変動、空間変動など)を、多地点での継続した観察・モニタリングによって明らかにします。
  3. 森林の動態に及ぼす各種の環境変動・変化の影響に関する研究
    森林を取り巻く各種の環境(無生物的、生物的)はさまざまな時間スケールで変動・変化します。過去から現在にかけての環境変化(たとえば気候・気象、噴火、土地利用、生物大発生など)が樹木の更新、成長、枯死や生理生態にどう影響したのかを明らかにし、将来起こりうる環境変動や人為インパクトの影響の予測につなげることを目指します。
  4. オホーツク地域における人工林資源の持続的利用のための育林技術に関する研究
    カラマツやトドマツなど地域の人工林資源を将来にわたって持続的に利用するため、高品質の木材生産と自然環境への影響軽減を図る育林技術の検討・開発を、地域の森林・林業関係機関の方々と連携して行います。

 

白木 彩子 准教授

【専門分野】

鳥類生態学・保全学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

(平成19年度卒論テーマも含む)

  1. 猛禽類の生態と保全
    とくに絶滅危惧種であるオジロワシ・オオワシを対象として、個体群動態や繁殖生態、越冬生態、人間活動との関係などを明らかにし、極東地域における具体的な保全策を確立するための研究を継続しています。主な調査地は北海道全域ですが、現実的な保全のためには極東の生息地域全体の連携が必要です。
  2. 鳥類における生活史形質の適応的変異と分布の決定要因(新規)
    鳥類種内・間の生活史や繁殖形質の変異を明らかにして適応的意義を解明することや、鳥類種の標高や地理分布の決定要因、高山帯などの特殊な環境に適応して生息する鳥類種の繁殖戦略の解明などを目的として、繁殖生態の調査やマーキングによる個体追跡、集団の遺伝解析等によって研究を進めます。
  3. 人間活動や開発事業による野生生物への影響と保全
    とくに最近は新エネルギーとして急増している風力発電施設で生じている、鳥類やコウモリ類などの衝突死や、生息環境の悪化などの新たな問題を解決するために、影響の程度や衝突要因、影響回避のための方法を科学的に調査・検討する試みを始めています。
  4. オホーツク地域における哺乳類を対象とした個体群生態と群集に関するテーマ
    2007年度の卒論生が中心になって今年から開拓的に進めているテーマです。現在のところ、主なフィールドは農大とその周辺、チミケップ湖ですが、今後調査範囲は拡大される予定です。世界遺産知床半島の周辺部でもあるオホーツク地域に生息する野生動物(外来種含む)の種生態や生息現状を明らかにし、群集の保全について具体的な指針を示すことは重要課題であることから、継続的に行っていく予定です。

【受け入れ可能な研究テーマについて】

 生態学をベースにした研究で、個体群、群集を対象としたもの。基礎的な種生態から保全、行動、進化まで広くあつかいますが、対象種や内容によっては無理なものもあります。研究の方法は野外における調査(フィールドワーク)が主体となりますが、近年のこの分野ではGIS解析や数理モデル作成などのコンピューターを用いた作業や、分子生物学的手法も必要となっており、野外調査だけでなくそのような手法を自ら学び、研究の裾野を広げていこうという意識は必要です。単なる資料集め的なものは研究テーマとして認めませんが、レビュー論文についてはテーマとして受け入れます。ただし英文を含む膨大な文献に当らなくてはならないことは覚悟すること。

 野生動物の研究は卒論だけで成果を出すことが難しいので、大学院進学を考えている人も歓迎します。

 

中村 隆俊 准教授

【専門分野】

植物生態生理学,植物保全生態学

【現在取り組んでいる主な研究課題と内容】

  1. 湿原生態系の劣化メカニズム解明とその保全・再生手法の開発
    釧路湿原で急速に進行しているハンノキ樹林化の原因とその影響について、植生分布・植物生理機能・物理化学環境要因などに着目しながらメカニズムを解明する。また、排水や施肥などにより土地改良された場所を、もとの湿原植生へ再生する手法について模索する。
  2. オホーツク海沿岸に分布する海浜植生の成立機構と植生管理に関する研究
    原生花園に代表される海浜植生について、分布・維持機構の理解を通じその植生・景観管理法確立を目指す。
  3. 地域の野生植物種を用いた道路のり面緑化
    網走北浜付近の道路のり面緑化に際し、原生花園の自生種を徐々に導入することで、野生の花咲く豊かな景観へと誘導する試み。
  4. 野生植物の養分利用戦略
    植物の養分利用戦略を表すパラメータ(獲得した養分あたりの生産性、獲得した養分の植物体内での滞留時間など)を用いて、様々な立地環境に適応する植物の生業を理解する。さらに、生活型・属・種の違いに依存した養分利用戦略の変異スタイルを整理することで、戦略における系統的・遺伝的制約を明らかにする。これらの研究を通じ、養分利用戦略からみた植物の分布機構について、生態的制約(立地環境や競争による制約)と系統的・遺伝的制約の概念を統合的に組み入れたモデルを構築する。

 

 卒業研究のテーマ
  • 知床・阿寒地域の天然林の構造、動態、再生に関する研究
  • 濤沸湖畔における湿生植物の分布環境に関する研究
  • 根の生態生理活性からみた湿生植物の低酸素・高温適応機構
  • さまざまな環境下における鳥類の個体群生態、生息環境、行動生態に関する研究

 

NEWS → 2009年7月よりニュースはブログへ移行しました。
バックナンバー ◆2009年度 ◆2008年度 ◆2007年度 ◆2006年度 ◆2005年度

 

PAGE TOPへ

 

|生物産業学部トップ | 生物生産学科 |食品科学科 |産業経営学科 |アクアバイオ学科 |

COPYRIGHT (C) 2005-2006 TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE. ALL RIGHTS RESERVED.